Windows10のACPIBIOSエラーを修正

Windows 10/8/7 PCでACPI_BIOS_ERRORを受け取った場合、この投稿では、問題のトラブルシューティングを行うためのいくつかの方法を紹介します。値が0x000000A5のACPI_BIOS_ERRORバグチェックは、コンピューターのAd​​vanced Configuration and Power Interface(ACPI)BIOSがACPI仕様に完全に準拠していないことを示しています。Windows10でのACPIBIOSエラーPCIルーティングテーブル(_PRT)は、すべてのPCIデバイスを割り込みコントローラーに接続する方法を指定するACPIBIOSオブジェクトです。複数のPCIバスを備えたコンピューターには、複数の_PRTがある場合があります。推奨される解決策は次のとおりです。1]デバイスドライバーを更新します2] BIOSを更新します3]更新されたBIOSを入手できない場合、または最新のBIOSがまだACPIに準拠していない場合は、テキストモードのセットアップ中にACPIモードをオフにすることができます。ACPIモードをオフにするには、ストレージドライバーをインストールするように求められたら、F7キーを押します。システムはF7キーが押されたことを通知しませんが、ACPIをサイレントに無効にし、インストールを続行できるようにします。4]スタートアップ

Windows 10でアプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc0000142)

アプリケーションを開こうとしたときに、アプリケーションを開くことができず、代わりにエラーメッセージが表示される場合があります。アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc0000142)。このエラーが表示された場合は、この投稿に興味があるかもしれません。今日は、コマンドプロンプトを開くときにこのエラーに焦点を当てています。コマンドプロンプトは通常、Windows 10でさまざまな種類のエラーを修正する際の定数のひとつです。しかし、同じコマンドプロンプトで同じエラーが発生した場合はどうなるでしょうか?この種のエラーを修正することは非常に困難になります。しかし、そうすることは不可能ではありません。この種のエラーの原因となる要因はいくつかあります。一部のサードパーティプログラム、マルウェア、およびその他の要因がこのカテゴリに分類されます。このエラーを修正するために、考えられるすべての修正を試みます。エラーは次のようになります-アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc0000142)。[OK]をクリックしてアプリケーションを閉じます。また、ユーザーには、[OK]というラベルの付いたボタンをクリックする以外に選択肢はありません。マイクロソフトは言う、このエラーを引き起こす可能性のあるアクションは主に3つあります。たくさんのアプリケーションを起動する別のユーザーとしてアプリケー

Ctrl + Alt + DelがWindows10で機能しない

Ctrl + Alt + Delは人気のあるキーシーケンスであり、問​​題を回避するか、関数を終了するか、単に厄介なプログラムを回避するために、私たち全員が依存しています。Ctrl + Alt + Delを押すと、CPUにコマンドを送信して、サインアウト、システムのロック、ユーザーの切り替え、タスクマネージャーのオープン、システムのシャットダウンなどのタスクにアクセスするためのメニューを含むウィンドウを開きます。つまり、さまざまな原因でシステムがフリーズしたり、破壊されたりするたびに。システム全体を再起動するには、三指の敬礼、Ctrl + Alt + Delを与える必要があります。Ctrl + Alt + Delが機能しないプログラムがクラッシュするシナリオでは、通常、WindowsユーザーはCtrl + Alt + Delを押してタスクマネージャーを開くだけです。タスクマネージャーでは、ユーザーは修復、変更、テスト、プロセスの終了、プログラムの最初からやり直すことができます。 。ただし、キーシーケンスCtrl + Alt + Delがシステムで機能しないという奇妙な問題が発生する場合があります。この問題は通常、非公式のファームウェアでシステムを更新した場合、またはサードパーティのアプリをインストールした場合に発生します。サードパーティのアプリをインストールすると、レジストリが変更され

Windows 10でChrome、Edge、Firefox、Operaブラウザを更新する方法

安全性が高く、更新されたブラウザは、Webを閲覧するときにオンラインで安全を維持するための鍵です。最近のほとんどのブラウザーは自動的に更新されるように設定されていますが、本日この投稿では、Windows 10でChrome、Firefox、Edge、およびOperaのWebブラウザーを手動で更新する方法を説明します。GoogleChromeブラウザを更新する方法Google Chromeは、ユーザーが利用できる最も人気のあるブラウザです。むしろ、それはブラウザ以上のものです。GoogleChromeを更新する手順は次のとおりです。GoogleChromeブラウザを開きます。画面の右上隅にある3つのドットをクリックします。[ヘルプ]> [GoogleChromeについて]に移動します。インストールされているバージョンがGoogleChromeの最新バージョンでない場合、ブラウザは自動的にチェックと更新を開始します。更新が完了したら、ブラウザを再起動します。また、あなたはをクリックしてください可能性がリニューアルアイコン。MicrosoftEdgeブラウザを更新する方法Microsoft Edge(Chromium)はWindows 10のデフォルトのブラウザーです。他のブラウザーとは異なり、MicrosoftEdgeはWindows10を更新すると自動的に更新されます。ただし、Mi

Windows10でシステムビープ音を無効にする方法

コンピューターにスピーカーが付属していない場合、システムビープ音は、システムエラーまたはハードウェアエラーが発生したときに警告する便利な方法であり、問​​題のトラブルシューティングに役立ちました。しかし、今日、これらのビープ音は実際には必要ありませんが、すべてのWindowsリリースに引き続き含まれています。それらは一部の人には役立つかもしれませんが、多くの人はそれが苛立たしいと感じ、それらを無効にしたいと思うかもしれません。Windows10でシステムビープ音を無効にするこの投稿では、コントロールパネル、Regedit、デバイスマネージャー、およびCMDを使用して、Windows10 / 8/7でシステムビープ音を無効にする方法について説明します。1]コントロールパネルからシステムビープ音を無効にするWindows 10/8では、左下隅を右クリックしてWinXメニューを開きます。コントロールパネルを選択して開きます。[ハードウェアとサウンド]をクリックします。[サウンド]で、[システムサウンドの変更]をクリックします。次に、[サウンド]タブで、[デフォルトのビープ音]を参照して選択します。サウンドのプロパティウィンドウの下部に、サウンドのドロップダウンメニューが表示されます。[なし]を選択し、[適用/ OK]をクリックします。これにより、デフォルトのシステムビープ音が無効になります。

パスワードヒントとパスワードリセットディスクを使用して、忘れたWindowsパスワードから回復します

Windowsログインパスワードを忘れた場合、Windows 10、Windows 8、Windows7およびWindowsVistaには、それに対処するのに役立つ2つのツールが用意されています。パスワードのヒントパスワードリセットディスク忘れたWindowsパスワードから回復するWindowsOSでパスワードを紛失したり忘れたりした場合に回復する方法を見てみましょう。1]パスワードのヒントあなたのパスワードのヒントは、あなたが間違ったエントリを作成し、[OK]をクリックした後、パスワード入力ボックスの下に表示されます。ユーザーアカウントでパスワードを設定するときにヒントを作成できます。読む: Windowsパスワードを紛失した場合のログイン方法。2]パスワードリセットディスクパスワードリセットディスクは、あなたがあなたの古いパスワードを知らなくても、パスワードを変更することができます。パスワードリセットディスクは、ローカルユーザーアカウントに対してのみ作成できます。このディスクには、パスワードの暗号化されたバックアップバージョンであるUserkey.pswという名前の単一のファイルが含まれています。次のようにパスワードリセットディスクを作成できます。リムーバブルメディアを利用できるようにする必要があります。USB、フロッピー、CD、外付けハードドライブ、またはメモリカード。パスワード

Windows10でのWindowsUpdateエラー0x800706baを修正

Windows 10デバイスに更新プログラムをインストールしようとすると、エラーコード0x800706baが発生する場合があります。この投稿では、問題の修正を試みることができる適切な解決策を提供します。WindowsUpdateエラー0x800706baを修正このWindowsUpdateエラー0x8007045bに直面した場合は、以下に示す順序で推奨される解決策を試して、問題を解決できます。WindowsUpdateのトラブルシューティングを実行するBITS(バックグラウンドインテリジェント転送サービス)を有効にするWindowsUpdateキャッシュをクリアするMicrosoftUpdateカタログから更新プログラムを手動でダウンロードするリストされた各ソリューションに関連するプロセスの説明を見てみましょう。1] WindowsUpdateのトラブルシューティングを実行するこのソリューションでは、組み込みのWindows Updateトラブルシューティングを実行し、それがWindowsUpdateエラー0x800706baの問題の解決に役立つかどうかを確認する必要があります。2] BITS(バックグラウンドインテリジェント転送サービス)を有効にする背景インテリジェント転送サービスまたはBITSは、クライアントとサーバー間のファイルの転送、ダウンロード、またはアップロードを支援し、転

Windows10で新しいフォルダーを作成できません

ユーザーから、右クリックのコンテキストメニューを使用してWindows10で新しいフォルダーを作成できないという奇妙な問題が報告されています。これは、デスクトップと他のフォルダ内の両方に当てはまります。この問題に直面した場合は、読み進めてください。Windows10で新しいフォルダーを作成できませんWindows 10が右クリックのコンテキストメニューから新しいフォルダーを作成できない場合は、次の提案を試してください。キーボードショートカットを使用するフォルダのアクセス許可を確認するエクスプローラーでフォルダービューをリセット新しいコンテキストメニューがありませんか?クリーンブート状態でのトラブルシューティングシステムファイルチェッカーを実行するシステムの復元を実行します。それらを詳しく見てみましょう。この問題には2つの条件があります。1つはデスクトップ上にフォルダーを作成できないことであり、もう1つは既存のフォルダー内にフォルダーを作成できない場合です。次の解決策を順番に試して、問題を解決してください。1]キーボードショートカットを使用する新しいフォルダを作成するためのキーボードショートカットは、CTRL + SHIFT + Nです。新しいフォルダを作成するためにそれを試すことができます。それが機能する場合は、より複雑なソリューションで多くの時間を節約できます。それでも回避策であり、

このコンピューターではWindowsワイヤレスサービスが実行されていません

私たちがどこにいて何をしていても、私たちは常に範囲内のワイヤレスネットワークを検索します。システムで作業する必要があると想像してください。近くにワイヤレス接続がありますが、接続できません。このタイプの問題は時々発生する可能性があります。この記事では、Windows 10のこのコンピューターでWindowsワイヤレスサービスが実行されていないというエラーを修正する方法を説明します。ネットワークトラブルシューティングを実行するとこのエラーが表示され、結果はこの問題を修正できなかったことを示しています。 。このコンピューターではWindowsワイヤレスサービスが実行されていませんあなたが受け取る場合はWindowsのワイヤレスサービスは、このコンピュータ上で実行されていないお使いのWindows 10のPC上でエラー、およびこのWindowsサービスが開始されず、これらの提案を試してみてください。WLANAutoConfigサービスを確認してくださいSFCスキャンを実行しますネットワークドライバーの更新Winsockをリセットするネットワークリセットを使用します。上記の方法のいずれかを実行する前に、システムの復元ポイントを作成してください。1] WLANAutoConfigサービスを確認しますシステムを稼働させ続けるには、必要なサービスを常に機能させておく必要があります。私たちのWindow

このファイルを再生するにはコーデックが必要ですか?Windows10にコーデックをダウンロードしてインストールする

コーデックという言葉は、コンプレッサーとデコンプレッサーという言葉の頭字語です。コーデックは、ビデオを圧縮し、後でそれをデコードするのに役立つプログラムです。したがって、エラーが発生した場合—このファイルを再生するにはコーデックが必要です。これは、コンピュータでファイルをデコードして再生するためのコーデックがないことを意味します。このファイルを再生するにはコーデックが必要です。このコーデックをWebからダウンロードできるかどうかを確認するには、[Webヘルプ]をクリックします。あなたが見ることができる同様の他のメッセージは次のとおりです:必要なビデオコーデックがコンピューターにインストールされていないため、Windows MediaPlayerはファイルを再生できません。必要なオーディオコーデックがコンピューターにインストールされていないため、Windows Media Playerはファイルを再生、書き込み、リッピング、または同期できません。ファイル形式が無効です。このファイルを再生するにはコーデックが必要ですエンドユーザーがより速くダウンロードできるように、ビデオファイルのサイズを縮小できるプログラムと考えてください。後で、消費者はファイルをデコードして自分のコンピューターで再生できます。コーデックはたくさんあるので、正しいコーデックがないとファイルを再生できません。さらに、多くの

Windows10アクティベーションエラーコード0x8007007Bを修正

何人かのユーザーが、PCに最新の更新プログラムをインストールした後、Windows10アクティベーションエラーコード0x8007007Bが発生したと報告しました。この問題が原因で、WindowsOSのアクティベーションプロセスを続行すると問題が発生します。この問題を修正するために、エラーの修正に役立ついくつかの方法について説明しました。組織のアクティベーションサーバーに接続できないため、このデバイスでWindowsをアクティベートできません。組織のネットワークに接続していることを確認して、再試行してください。アクティベーションで引き続き問題が発生する場合は、組織のサポート担当者に連絡してください。エラーコード0x8007007B。Windows10アクティベーションエラーコード0x8007007BWindows 10アクティベーションエラーコード0x8007007Bを修正するには、次の提案に従ってください。slmgr.vbsコマンドを実行しますSlui3コマンドを使用するアクティベーショントラブルシューティングを実行するMicrosoftサポートに連絡してください。それらを詳しく見てみましょう。1] slmgr.vbsコマンドを実行しますWindowsソフトウェアライセンス管理ツールslmgr.vbsは、コマンドラインライセンスツールです。これは、Windowsでライセンスを構成するた

Windows10の画面を別のデバイスにミラーリングする方法

画面のミラーリングは最近一般的なことであり、Windows10の画面を他のWindows10デバイスにミラーリングしたい状況はたくさんあります。ただし、画面のミラーリングには非常に優れたインターネット接続が必要であり、セットアップ全体で大量のデータが消費されます。LAN経由で行う場合、十分な速度のWi-Fi接続または有線接続があれば簡単に実現でき、PCの画面を簡単にミラーリングしたり、別のコンピューターで制御したりすることもできます。Windows10の画面ミラーリングWindows 10には、ネットワーク上で利用可能な他のデバイスに画面をミラーリングできる機能が組み込まれています。受信機は、テレビ、ストリーミングスティック、または別のWindowsコンピューターでもかまいません。あなたがする必要があるのはあなたのコンピュータとあなたが投影したいコンピュータのいくつかの設定を微調整することです。コンピュータの画面を別のWindowsPCに投影する方法については、この短いガイドをご覧ください。これは、ワイヤレスディスプレイに接続するのに役立ちます。Windows10画面を別のデバイスにミラーリングするまず、レシーバーコンピューターのいくつかの設定を変更する必要があります。したがって、受信側のコンピューターにアクセスできることを確認し、そのコンピューターで次の手順を実行します。[設定]を開

Googleドキュメントに透かしを追加する方法は?

ドキュメントに透かしを追加することは、許可なく画像が使用されるのを防ぐための優れた方法です。しかし残念ながら、これを行うためにGoogleドキュメントでまだ利用できるそのような組み込み機能はありません。ただし、代わりに使用できる方法があります。このガイドには、Googleドキュメントに透かしを簡単に追加するのに役立つ簡単なアプローチがあります。それでは、始めましょう。Googleドキュメントに透かしを挿入する方法Googleドキュメントには、ドキュメントに透かしを追加するためのコア機能はありません。この場合、透かしテキストを含む背景画像を作成し、その上に透明なレイヤーを追加する必要があります。詳細については、以下の提案に従ってください。Googleドキュメントで空白のドキュメントを開きます。開いたら、ツールバーに移動して[挿入]タブを選択します。リストから、[描画] > [新規]を選択します。描画キャンバスで、透かしの要件に従ってテキストボックスを追加し、変更することができます。したがって、ツールバーに移動し、「T」フォームで使用可能なテキストボックスアイコンをクリックします。このアイコンにマウスを合わせると、名前が表示されます。テキストボックスアイコンを選択すると、マウスカーソルがプラス記号の形に変わります。キャンバスの何もない領域に移動し、マウスをクリックしてドラッグし、テキ

デスクトップの更新またはエクスプローラウィンドウの更新は実際に何をしますか?

Windowsデスクトップまたは開いているエクスプローラーウィンドウ内を右クリックすると、コンテキストメニューに[更新]というオプションが表示されることに気付いたはずです。覚えているので、更新オプションがあります。しかし、このオプションが実際に何をするのか本当に疑問に思ったことはありますか?Windows OSを更新し、スムーズに実行し続けますか?それはあなたのWindowsをより速くしますか?または、コンピュータのメモリをクリアしたり、RAMを更新したりすると思いますか?実際にはこれらのどれでもありません!デスクトップまたはフォルダの更新は何をしますかデスクトップは、Windowsオペレーティングシステムのフォルダに他なりません。内容が変更されたときに自動更新するようにプログラムされています。フォルダの内容が変更されると、自動更新されます。ただし、デスクトップまたはフォルダが自動更新されない場合があります。次の状況では、デスクトップを手動で更新する必要がある場合があります。デスクトップには、作成、移動、削除、名前変更、または保存したばかりのファイルやフォルダーは表示されません。デスクトップアイコンを再調整する必要がありますデスクトップアイコンを使用できないことがわかりました。一部のサードパーティアプリケーションによってデスクトップに作成されたファイルが表示されないそして、デスクトップ

msftconnecttestリダイレクトエラーを削除する方法

安定したインターネット接続があるかどうかをWindowsがどのように判断するのか疑問に思ったことはありませんか?問題がある場合、インターネットが機能していないことを通知するのに、通常はWindowsの場合は数秒かかります。したがって、バックグラウンドで発生するのは、Windowsがmsftconnecttest.comに接続し、connecttest.txtファイルをダウンロードしようとすることです。ダウンロードが失敗した場合は、インターネットに問題があると判断されます。とはいえ、msftconnecttestで多くのリダイレクトエラーが発生する場合があります。この投稿では、msftconnecttestリダイレクトエラーを削除する方法を示します。msftconnecttestリダイレクトエラーを削除する方法リダイレクトは、Windowsがそのファイルをダウンロードしようとしているが

Windows10でのWindowsUpdateエラー0x80070bc2を修正

Windows Updateをインストールしようとしたときに、Windows 10デバイスでエラーコード0x80070bc2が発生した場合は、この投稿が役に立ちます。この投稿では、問題の修正を試みることができる適切な解決策を提供します。WindowsUpdateエラー0x80070bc2を修正このWindowsUpdateエラー0x80070bc2に直面した場合は、以下に示す順序で推奨される解決策を試して、問題を解決できます。WindowsUpdateのトラブルシューティングを実行するWindowsUpdateキャッシュをクリアするMicrosoftUpdateカタログから更新プログラムを手動でダウンロードするWindows 10 ISOを直接ダウンロードするか、メディア作成ツールを使用します。リストされた各ソリューションに関連するプロセスの説明を見てみましょう。1] WindowsUpdateのトラブルシューティングを実行するこのソリューションでは、組み込みのWindows Updateトラブルシューティングを実行し、それが問題の解決に役立つかどうかを確認する必要があります。Windows Updateのインストールに失敗するか、Windows10にダウンロードされません2] WindowsUpdateキャッシュをクリアしますWindows 10オペレーティングシステムのソフトウェア

Windows10用のファイルの関連付けFixerv2

特定のファイルの種類を開くことができない場合は、Windows10 / 8/7用のファイルの関連付けFixerv2を使用すると、壊れたファイルの関連付けを簡単に修正、修復、および復元できます。壊れたファイルの関連付けは、通常、レジストリの破損が原因で発生します。この場合も、レジストリが破損している理由は、マルウェアまたは不正なソフトウェアである可能性があります。この破損の結果として、WindowsOSは一部のファイルまたは特定のファイルタイプを開くことができません。Windows10のファイルの関連付けの修正特定のファイルを開くことができない場合は、ファイルの種類を特定し、ファイルの関連付けの修正プログラムを使用して、クリックするだけでファイルの種類の関連付けを簡単に修正できます。File Association Fixerv1はWindows7とWindowsVistaをサポートしていましたが、新しくリリースされたFile Association Fixer v2は、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、およびWindows 7、32ビットと64ビットの両方をサポートしています。さらに、フリーウェアは70のファイルタイプのファイルの関連付けの修正を提供するようになりました。File Association Fixer v2は、次のファイルタイプのクイックフ

右クリックしてコンテキストメニューを開くか、新しいフォルダを作成すると、Windowsファイルエクスプローラがクラッシュします

Windowsファイルエクスプローラーは、ユーザーがさまざまなフォルダーやファイルにアクセスするのに役立つため、Windowsバージョンの最も重要な要素の1つです。その右クリックのコンテキストメニューには、いくつかの便利な操作を実行できるいくつかの便利な項目があります。ただし、右クリックしてコンテキストメニューを開いたり、新しいフォルダを作成したりすると、Windowsファイルエクスプローラがクラッシュする場合があります。この問題に直面している場合、問題のトラブルシューティングを行うために必要なことは次のとおりです。先に進む前に、この問題は主に、プログラムが右クリックのコンテキストメニューに多くの項目を追加したときに発生することを知っておく必要があります。サードパーティのソフトウェアまたはサービスによって追加される不適切にコーディングされたアイテムは、この問題を引き起こす可能性があります。右クリックするとエクスプローラーがクラッシュする最初に行う必要があるのは、クリーンブートを実行することです。でクリーンブート国、問題を診断することが容易です。Win + Rを押し、msconfigと入力して、Enterボタンを押します。[全般]タブで、[選択的なスタートアップ]オプションが選択されていることを確認します。次に、「スタートアップアイテムの読み込み」オプションのチェックを外します。その後、

完了するために再起動が必要な保留中のシステム修復があります

システムファイルチェッカーを実行しようとすると、エラーメッセージが表示される場合があります–システムの修復が保留中であり、再起動を完了する必要があります。Windowsを再起動して、SFCを再度実行します。この問題が発生した場合は、これを実行する必要があります。 。完了するために再起動が必要な保留中のシステム修復があります保留中のシステム修復があり、エラーを完了するには再起動が必要です。これら2つの方法に従って、対処および解決できます。1つはあなたを助けることは確実です:PCを再起動し、SFCを実行します保留中の.xmlファイルを削除しますDISMのrevertpendingactionsパラメーターを使用します。詳細な手順を確認してみましょう。1] PCを再起動し、SFCを実行しますコンピュータを一度再起動し、保留中のプロセスを完了させます。今すぐシステムファイルチェッカーを実行できるかどうかを確認してください。可能であれば、問題は解決され、それはあなたにとって良いことです。2] pending.xmlファイルを削除しますこのメッセージが引き続き表示される場合は、次のフォルダに移動してください。C \ Windows \ WinSxS \保留中の.xmlファイルを検索し、名前を変更します。削除することもできます。これにより、保留中のタスクが削除され、新しいチェックが作成されます。3]