カテゴリ «ガイド»

CHKDSKは直接アクセスするためにボリュームを開くことができません

CHKDSKまたはCheckDiskは、コンピューターに接続されているディスクの整合性を維持するために機能するWindowsオペレーティングシステム内に構築されたユーティリティです。グラフィカルユーザーインターフェイスとコマンドラインの両方から起動できます。このユーティリティの実行を保証する可能性のある多くのシナリオがあります。主な要因は、ディスクの読みやすさです。一部のユーザーは、コマンドラインから起動したときにユーティリティの直接アクセスエラーのためにボリュームを開くことができないと報告しています。パーティションでChkdskコマンドを実行しようとすると、次のエラーメッセージが表示されます。-C:\ WINDOWS \ system32> chkdsk / fg:直接アクセスするためにボリュームを開くことができません。C:\ WINDOWS \ system32> chkdsk / ff:ファイルシステムの種類はNTFSです。ボリュームラベルは0529357401です。CHKDSKは直接アクセスするためにボリュームを開くことができませんオプション/ fを指定してchkdskコマンドを実行すると、エラーが検出されて修復されます。修復を妨げるものがある場合は、このエラーメッセージが表示されます。これらの提案は、問題の解決に役立ちます。ただし、さらに読む前に、PCを再起動して

タスクスケジューラを使用して、Windows10でシャットダウンまたは再起動をスケジュールする

いつでもShutdown / s / t 60コマンドを使用してデスクトップショートカットを作成し、Windows 10/8/7コンピューターのシャットダウンを(この場合は60秒)遅らせるか、計算後の特定の時間にシャットダウンさせることができます。秒単位の時間で、タスクスケジューラを使用して、一度にまたは定期的にシャットダウン、再起動、またはアクションを実行することもできます。Windows10でのシャットダウンまたは再起動のスケジュールタスクスケジューラを使用すると、夜間またはいつでも特定の時間にコンピュータをシャットダウンするようにスケジュールできます。そして、なぜあなたはこれをしたいのですか?コンピュータがタスクを処理しているか、インターネットからファイルをダウンロードしている可能性があり、それまで待ちたくない場合があります。その後、美容睡眠に追いつくまで、たとえば2時間後にシャットダウンするようにスケジュールできます。特定の時間にコンピューターをシャットダウンするには、[検索の開始]にtaskschd.mscと入力し、Enterキーを押してタスクスケジューラを開きます。右側のパネルで、[基本タスクの作成]をクリックします。必要に応じて名前と説明を入力し、[次へ]をクリックします。タスクをいつ開始するかを尋ねられたら、[1回]を選択します。[次へ]をクリックします。開始日時を選択

どのWindows10サービスを安全に無効にできますか?

Windows 10には、オペレーティングシステムがスムーズに機能することを確認するための多くのサービスがあります。サービス構成をデフォルト値のままにしておくのが最善ですが、Windowsをさらにスムーズに実行したいパフォーマンスと微調整の愛好家もいます。Windows 10サービスを無効にしても安全かどうか疑問に思っている場合は、このガイドが役立ちます。最初にシステムの復元ポイントを作成し、サービス構成に加えた変更をメモすることを強くお勧めします。先に進む前に、Windowsサービスのセクションを理解することをお勧めします。タイプservices.mscと検索ボックスにし、Windowsサービスマネージャを開くには、Enterキーを押します。[サービス]ウィンドウが開くと、Windows OSからのサービスと、システムで実行されているインストール済みアプリケーションの両方からのサービスの完全なリストが表示されます。すべてのサービスには、名前、説明、ステータス、スタートアップの種類、およびログオン名があります。サービスをダブルクリックして、そのプロパティを確認します。スタートアップの種類:一部のサービスは自動または自動(遅延)に設定されていますが、その他のサービスは手動および無効に設定されています。サービスステータス:サービスの現在のステータスです。アクションボタンを使用して変更できま

Windowsデスクトップに突然表示されるホームグループアイコンを削除する

Windows10またはWindows8.1 / 8で、コンピューターを再起動したときに、ホームグループアイコンがデスクトップに突然表示されたことがありますか?それは私に何度か起こりました、そして私がホームグループ機能を使用しないときになぜこれが起こったのか、そしてこのホームグループアイコンを削除する方法を疑問に思いました。ホームグループアイコンがランダムに表示され、しばらく留まり、自動的に消えることがありました。他の時にはそれは立ち往生して消えませんでした。このホームグループアイコンの外観は、ウイルスによるものではなく、たまに存在するように見えるだけです。ランダムに表示されます。ホームグループアイコンを削除する先に進む前に、以下のHelge Neumannの簡単なヒントを読んで、デスクトップを更新してください。次に、システムの復元ポイントを作成します。これで、ホームグループに参加している場合は、コントロールパネルからホームグループを離れるとアイコンが消えます。そうでない場合は、これらの提案を試して、それらのいずれかが役立つかどうかを確認する必要があります。1] [コントロールパネル]> [個人設定]を開き、[デスクトップアイコンの設定]を開いて、最初に[ネットワーク]チェックボックスをオンにしてからオフにします。[適用して終了]をクリックします。2] [コントロールパネル]&g

Windows10でのPFN_LIST_CORRUPTエラーを修正

PFN_LIST_CORRUPTは、ページフレーム番号(PFN)リストが破損していることを示すブルースクリーンエラーです。PFNは、物理ディスク上のすべてのファイルの場所を知るためにハードドライブによって使用されるインデックス番号です。このエラーは通常、ドライバが不正なメモリ記述子リストを渡すことによって発生し、一時的または永続的である可能性があります。この投稿では、Windows10 / 8/7コンピューターでこのブルースクリーンを修正するのに役立つ可能性のあるソリューションを提案します。最初に、BSODエラーが発生した場合、コンピューターへの電源接続を中断してはならないことをお伝えしておきます。ただし、0%から100%へのダンプの作成に5〜10分以上かかる場合は、電源キーを10秒間、またはCPUライトが消えるまで押し続けて、コンピューターを強制的にシャットダウンする必要があります。それが終わったら、次にソリューションにジャンプします。PFN_LIST_CORRUPT停止エラー1.ブルースクリーントラブルシューティングを使用するあなたの便宜のために、マイクロソフトはあなたの特定の問題のためのブルースクリーントラブルシューターをWindows10の設定アプリで直接出荷しました。[設定]ページで、[他の問題の検索と修正]の下の[ブルースクリーン]を選択する必要があります。推奨される修正を

ブロックされたWebサイトまたは制限されたWebサイトのブロックを解除してアクセスする方法

Webサイトは、コンピューターレベル、ネットワークレベル、またはISP /政府レベルの3つのレベルでブロックできます。Open DNSなどの一部のDNSサービスも、コンピューターを共有するさまざまなユーザーに対して特定の種類のWebサイトをブロックするオプションを提供します。次に、インターネットオプションに組み込まれている「制限付きWebサイト」以外に、Webサイトのブロックに役立つソフトウェアがいくつかあります。Webサイトをブロックする方法については説明しません。むしろ、ネットワーク管理者とISP(インターネットサービスプロバイダー)によってワークステーションで制限されているWebサイトにアクセスする方法に焦点を当てます。制限されたWebサイトへのアクセスこの記事は、ウェブサイトが開かない場合の対処方法に関する他の記事を拡張したものです。この記事では、いくつかのヒントを繰り返すことができます。したがって、一部のWebサイトを開いたりアクセスしたりできない場合は、次のことを試してみてください。ウェブサイトはダウンしていますか?停電により、特定のウェブサイトにアクセスできない場合があります。これらのウェブサイトモニターに確認してください。チェック–ウェブサイトがアップまたはダウンしています。 ブログやウェブサイトが現在機能しているか、オンラインで機能しているか、現在機能しているか、誰に

Windows10のマウスが自動的に上下にスクロールする

ユーザーの生産性を向上させるために、Microsoftは、ユーザーの全体的なエクスペリエンスと生産性に違いをもたらすいくつかの小さな機能を実装しています。ただし、これらの機能が問題に巻き込まれ、コンピューターが異常に機能する場合があります。そのような機能の1つは、ユーザーの介入なしにマウスのスクロールが自動的に行われる場合です。これはイライラする可能性があり、このバグが繰り返し発生している場合は、コンピュータが使用できなくなる可能性もあります。今日は、Windows10コンピューターでこのマウスの自動スクロールの問題を修正する方法を確認します。マウスは自動的に上下にスクロールしますあなたが見る必要がある3つの事柄があります:適切なマウス設定を切り替えます。最近インストールしたWindowsUpdateをアンインストールします。システムの復元を使用します。1]適切なマウス10設定を切り替えますWINKEY + Iコンボを押して、設定アプリを起動してみてください。次に、[デバイス]> [マウス]に移動します。最後に、[オフ]に設定してカーソルを合わせると、[非アクティブなウィンドウをスクロール]を切り替えます。コンピュータを再起動し、問題が解決したかどうかを確認します。2]最近インストールしたWindowsUpdateをアンインストールしますWindows Updateをアンインスト

Windows10にMicrosoftOffice PictureManagerをインストールする方法

Office 2016、Office 2010、およびOffice365にはPictureManagerが付属していません。Microsoft Picture Managerを使用すると、ユーザーは画像を簡単に表示、編集、管理でき、多くの人が気に入っています。上のWindows 10、あなたは今、あなたがあなたの写真を管理することができます、Windowsの写真アプリを持っています。そこに含まれていた基本的な画像編集ツールがすでにWord、PowerPoint、またはExcelに含まれているため、MicrosoftはPictureManagerを削除しました。ただし、不足していてPicture Managerをインストールする場合は、次のように実行できます。Windows10にMicrosoftOffice PictureManagerをインストールするMicrosoft Office SharePoint Designer 2010または2007をダウンロードします。インストールは無料で、ライセンスは必要ありません。気をつけて; SharePoint Designer2013にはPictureManagerが含まれていないため、2013バージョンではなく201バージョン(32ビットまたは64ビット)をインストールする必要があります。ダウンロードしたら、インストールを開始し、ライセンス

Windows10でのDRIVERPOWER STATEFAILUREエラーを修正しました

スリープモードまたは休止状態モードから再開したり、シャットダウンまたは再起動したりすると、ブルースクリーンエラーが表示される場合があります。BSODのエラーコードがDRIVERPOWER STATE FAILUREの場合は、ドライバーの状態に問題がある可能性があります。この停止エラーは、ドライバが一貫性のない、または無効な電源状態にあることを示します。この停止エラーは通常、シャットダウン、スタンバイモードまたは休止モードへの移行などの電源状態遷移を伴うイベント中に発生します。STOPエラーコード0x0000009F、DRIVER_POWER_STATE_FAILUREこのバグチェック0x0000009Fは、ドライバが一貫性のない、または無効な電源状態にあることを示しています。DRIVER_POWER_STATE_FAILUREドライバーの電源状態の障害の後には通常エラーコードが続きます。これらはすべて、非互換性のためにドライバーが電源状態の遷移を適切に処理しないという事実を示しています。開始する前に、ドライバー(ネットワーク、ディスプレイ、マウス、キーボードなど)が現在のバージョンのWindowsと互換性があることを確認する必要があります。1]セーフモードで起動してデバイスドライバーを更新するネットワークサポートを使用してコンピューターをセーフモードで再起動し、デバイスドライバーに関連

Windows10ラップトップで画面が上下逆または横向き

明らかな理由もなく、Windows10 / 8/7コンピューターの画面が突然逆さまになっていることに気付く場合があります。これはパニックの原因ではなく、技術者に電話する必要はありません。いくつかの間違ったキーが誤って押された可能性があります。コンピュータの画面が上下逆さままたは横向きになっている場合は、次の提案に従って画面を回転させ、ディスプレイを再びまっすぐにします。画面を逆さままたは横向きIntelを搭載したWindows10 Pro64ビットDellラップトップで実行できる3つの方法を紹介します。OSまたはラップトップの仕様が異なる場合、状況は少し異なるように見えるかもしれませんが、手順は似ています。1]デスクトップを右クリックして、[グラフィックオプション] > [ホットキー]を選択します。[有効にする]が選択されていることを確認します。次に、Ctrl + Alt +上矢印キーを押して、表示をまっすぐにします。代わりに右矢印、左矢印、または下矢印キーを押すと、ディスプレイの向きが変わります。これらのホットキーを使用して、画面の回転を反転させることができます。2]デスクトップを右クリックして、[グラフィックプロパティ]を選択します。インテル以外のグラフィックスカードを使用する場合は、ディスプレイのプロパティを調整できるエントリを選択する必要があります。[一般設定]カテゴリの

Windowsコンピュータをオンにしようとすると、ビープ音が鳴ります

一部のユーザーは、何らかの理由でコンピューターの電源をオンにできないと同時に、コンピューターの電源をオンにしようとすると、数回または継続的にビープ音が鳴ると報告しています。これは煩わしいかもしれませんが、私たちが正しければ、これは簡単なソフトウェア修正ではありません。おそらく、問題はWindows 10とは関係がなく、代わりにシステム内のハードウェアと関係があります。ご存知のように、コンピューターは、特定のハードウェアが正しく機能していないときはいつでも、可聴エラー音を鳴らすように設計されています。ビープ音が1回鳴る場合は、GPUに問題がある可能性があります。ビープ音が2回鳴る場合は、RAMが正常に機能していないことを意味します。コンピュータの電源を入れたときに一時停止後に繰り返される3回のビープ音は、システムメモリに問題があることを示しています。ただし、PCがビープ音を鳴らし続けている場合は、単にプロセッサが影響を受けていることを意味します。詳細については、このビープコードリストを参照してください。Windowsコンピュータからビープ音がする1] RAMを確認しますここで最初に行う必要があるのは、RAMを確認することです。ドライバーを取り出してコンピューターを掘り下げ、RAMスロットを見つけて、しっかりと取り付けられていることを確認します。コンピュータを定期的に移動すると、特定のコン

Windowsはネットワークアダプタのドライバを見つけることができませんでした

デバイスドライバは、オペレーティングシステムとハードウェア間の接続として機能することを目的としています。それらのいずれかが失敗した場合、関係するハードウェアはWindowsとの通信を停止します。ネットワーク関連の問題に直面した場合は、おそらくネットワークアダプタのトラブルシューティングを実行します。問題が見つかったが、それ自体で修正できない場合は、エラーメッセージが表示されます –Windowsはネットワークアダプタのドライバを見つけることができませんでした。この問題に直面した場合、この投稿の何かが問題の解決に役立つはずです。Windowsはネットワークアダプタのドライバを見つけることができませんでしたこの問題を解決するには、次の解決策を試すことができます。ネットワークアダプタドライバを更新しますネットワークアダプタドライバのアンインストールと再インストールハードウェアとデバイスのトラブルシューティングを実行するネットワークアダプタのトラブルシューティングを再度実行するシステムの復元を実行します。1]ネットワークアダプタドライバを更新しますネットワークアダプタドライバを更新するには、[スタート]検索ボックスに「devmgmt.msc」と入力し、Enterキーを押してデバイスマネージャを開きます。ネットワークアダプタドライバを見つけて、リストを展開します。右クリックして、各ドライバーの[

Windows10でフルスクリーンのAlways-On-Topプログラムまたはゲームを強制終了する方法

プログラムまたはゲームをフルスクリーンの常時オントップモードで開いているとしましょう。タスクバーも表示されず、アプリケーションがフリーズし、何もできないように見える位置にいることになります。 Windows10コンピューターの再起動を除きます。あなたは何ができますか?フルスクリーンのAlways-On-Topプログラムを強制終了するハングした、または応答しないフルスクリーンの常時オントップアプリケーションまたはゲームを強制終了する方法は次のとおりです。タスクバーにアクセスできないため、フリーズしたアプリケーションを強制終了するには、これらの提案に従う必要があります。1]閉じたいフリーズしたアプリケーションを最初にクリックし、Alt + F4キーを同時に押して、アプリケーションを閉じた後にそのままにします。これは役に立ちますか?2]を押してCtrlキー+ Shift + Escキーを起動するには、タスクマネージャを。これで、タスクマネージャーが開きますが、常にオントップのフルスクリーンプログラムでカバーされます。次に、Alt + Oを押して[オプション]メニューを開きます。最後に、Enterキーを押して、Always onTopを選択します。これを行うと、タスクマネージャーはトップに留まるように設定されます。これで、プロセスを右クリックして[タスクの終了]を選択することで、プロセスまたは

これらの壁紙チェンジャーアプリを使用して、Windows10で壁紙を自動変更します

Windows 10のロック画面で壁紙が動的に変化する方法が好きですか?多くの人がデスクトップでそのようなダイナミックな壁紙を取得する方法について私に尋ねました。残念ながら、Windowsには、インターネットから画像を取得してデスクトップの背景として適用する機能が組み込まれていません。ただし、この投稿では、デスクトップの壁紙を動的に変更できる3つのWindowsアプリについて説明しました。これらのツールは、以下を含むさまざまなソースからの壁紙フェッチビング、NASA、地球科学、およびWindowsのスポットライトを。Windows10用の最高の自動壁紙チェンジャーアプリダイナミックテーマ毎日のデスクトップの壁紙デスクトップスタジオ壁紙変更スケジューラPictureThrillNatGeo壁紙ダウンローダーこれらのツールについて詳しく説明します。それらはすべて、Microsoftストアからダウンロードできます。1.ダイナミックテーマこれは最も単純で仕事を成し遂げるため、おそらくリストの中で最高のツールです。動的テーマを使用すると、壁紙を毎日のBingまたはWindowsスポットライト画像に動的に変更できます。それだけでなく、カスタム画像を追加することもでき、ツールはWindowsデスクトップでスライドショーを簡単に実行できます。動的テーマはロック画面でも機能し、このツールを使用して、両方

Windows 10でatieclxx.exeプロセスを終了できません–ウイルスですか?

winlogon.exeおよびcsrss.exeプロセスと同様に、atieclxx.exeは多くのユーザーからウイルスと呼ばれています。これは、詐欺技術サポート会社がユーザーをだまして製品を販売するために広めたデマです。正当なatieclxx.exeプロセスは、AMDATI外部イベントクライアントモジュールを表します。AMDATI外部イベントクライアントモジュールまたはatieclxx.exeこれは軽いプロセスであり、関連するファイルのサイズは通常1MB未満です。バックグラウンドで実行している間は、多くのシステムリソースを使用しません。atieclxx.exeとは何ですか、また起動時に実行されるのはなぜですかatieclxx.exeプロセスはAMD外部イベントの一部であり、Windows用のATI外部イベントユーティリティに関連付けられています。システムのATIホットキー機能を管理し、起動時に実行するように設定されています。atieclxx.exeはウイルスですか?ウイルスは、システムに役立つ

フルHDとは–HD対応とフルHD解像度の違い

特にフルHD、HD対応、4KウルトラHDなどの用語が殺到している場合は、適切なデバイスの調査は非常に困難な場合があります。これらの文字はどういう意味ですか?あなたが気づいていない場合でも、心配しないでください!この記事では、どのようなあなたに説明しますフルHDとの間の差HD準備とF ULL HD解像度。高解像度またはHD、画像解像度の新しいゴールドスタンダードは、製品の画像解像度を表すために「フルHD」と同じ意味で使用されることがよくありますが、混乱を招くだけです。これをクリアしてみましょう。HDの概念は、画面に期待される視覚的な詳細と明瞭さのレベルを完全に変えました。フルHDとはフルHDは、テレビ画面の解像度を表すために使用される用語です。基本的には、1920 x1080ピクセルの解像度の画像を意味します。ピクセル数の測定は、高さと幅を推定することによって行われます。したがって、TVのようなディスプレイユニットが1920 x 1080pの解像度を保持している場合、高さは1080ピクセル、幅は1920ピクセルであり、この解像度で使用できるピクセルの総数は1920 x 1080 = 2073600ピクセルです。ピクセル数が多いほど、ピクセル数が一緒になってテレビの画像を構成するため、画質が向上します。この解像度は、アスペクト比が16:9のワイドスクリーンTVまたはモニターで一般的に見られ

Windows10でエラーコード0xC1900208–0x4000Cを修正する方法

Windowsのアップグレードプロセスでは、互換性が非常に重要です。それらはハードウェアと互換性がなければならず、インストールされたアプリケーションは互換性がなければ、Windowsアップグレードはスタックします。表示されるエラーメッセージの1つは、Windows10エラー0xC1900208–0x4000Cです。 互換性のないアプリケーションが原因でWindows10がアップグレードされない場合は、この投稿が役立つ場合があります。エラー0xC1900208– 0x4000Cは、アプリの非互換性が原因で発生します。これは、PCにインストールされている互換性のないアプリが、アップグレードプロセスの完了をブロックしていることを示しています。すべてのアプリケーションが最新バージョンであることを確認してから、互換性を確認する必要があります。それ以外の場合は、互換性のないアプリがアンインストールされていることを確認してから、アップグレードを再試行してください。これは、Windowsアップグレードが示す互換性の問題に関する多くのエラーコードの1つであることに注意してください。Windows 10でエラー0xC1900208–0x4000Cエラーは互換性に関連しており、通常はWindows Upgrade Advisorによって表示されるため、3つのオプションがあります。アプリケーションとソフトウェ

Windows10にGoogleDuoをインストールする方法

Googleのデュオアプリは使用できませんWindowsの10。しかし、グーグルはその音声およびビデオ通話サービスのためのウェブアプリをリリースした。プログレッシブウェブアプリの機能により、GoogleDuoはWindows10のEdgeブラウザーを使用してインストールすることもできます。Windows10にGoogleDuoをインストールするWindows10のGoogleDuoアプリをインストールして、可能な限り最高のエクスペリエンスで使用できます。これは、Chromiumに基づく新しいMicrosoftEdgeブラウザーのみを使用して実行できます。新しいChromiumベースのMicrosoftEdgeブラウザでGoogleDuoWebサイトを開きます。ウェブサイトが読み込まれたら、右上隅にある3つの水平ドットで示されるメニューボタンを選択します。[アプリ]> [このサイトをアプリとしてインストール]を選択します。ブラウザは、Windows10コンピューターにXAMLシェルを備えたアプリとしてGoogleDuoWebサイトをインストールします。また、スタートメニューの[すべてのアプリ]リストにもそのエントリがあります。必要に応じて、デスクトップにショートカットを作成したり、タスクバーに固定したり、タイルを固定したりできます。このアプリは、AndroidやiOSのアプリとは異

Outlook、Gmail、Yahoo、Hotmail、Facebook、WhatsAppの添付ファイルサイズの制限

電子メールでファイルを送信する際の既知の問題は、添付ファイルのサイズの制限です。通常、電子メールサービスでは、サイズが数MBを超えるファイルを送信することはできません。同じことを行おうとすると、電子メールサーバーは、添付ファイルのサイズが許容制限を超えている、または添付ファイルがサーバーで許可されているサイズを超えているというエラーを表示する場合があります。この問題を軽減する1つの方法は、添付ファイルをクラウドドライブにアップロードし、リンクを電子メールで受信者に送信することです。ほとんどのクラウドサーバーでは、最大5〜15 GBのサイズのファイルを無料でアップロードできるため、問題になることはありません。一般的なサービスプロバイダーの添付ファイルサイズの制限次のサービスの最大添付ファイルサイズ制限とファイルのサイズをリストしました。Microsoft OutlookOutlook.comOneDriveOffice 365GmailグーグルドライブYahooドロップボックスツイッターフェイスブックWhatsApp。1] Microsoft OutlookOutlookデスクトップクライアント(電子メールサーバーではない)と言えば、最大許容添付ファイルサイズは20MBです。これは、使用されている電子メールサーバーに関係ありません。電子メールサーバーがユーザーに大きなサイズの添付ファイル

Microsoft AUデーモンプロセスとは何ですか?無効にする必要がありますか?

多くのMicrosoftOfficeユーザーが、Microsoft AUデーモンとは何か、そしてこのツールがWindows10またはMacコンピューターシステムに影響を与えるかどうかを望んでいると聞いています。これは通常、通常のユーザーに知られることではありません。したがって、なぜ一部の人々がそれを非常に心配しているのかを理解することができます。Microsoft AU Daemonツールは脅威ではなく、実際、非常に重要なシステムファイルであると断言できます。MicrosoftAUデーモンとはMicrosoft AU Daemonは、Officeのインストールを最新の状態に保つMicrosoftAutoUpdateプログラムです。安全でバックグラウンドで実行され、Microsoftサーバーを監視して、Officeアプリに新しい更新があったかどうかを確認します。これについて詳しく説明し、次のテーマに触れます。MicrosoftAUデーモンとはAUデーモンを無効にすることは可能ですか?AUデーモンを無効にする方法アプリケーションMicrosoftAUDaemonを初めて開いていますMicrosoftAUデーモンに問題がありました。Microsoft AU Daemonは、ソフトウェアの巨人がWindows10オペレーティングシステムに提供する多くのOfficeプログラムに関連付けられていま

SMBポートとは何ですか?ポート445とポート139は何に使用されますか?

NetBIOSは、Network Ba​​sic Input OutputSystemの略です。これは、ローカルエリアネットワーク(LAN)上のアプリケーション、PC、およびデスクトップがネットワークハードウェアと通信し、ネットワークを介してデータを送信できるようにするソフトウェアプロトコルです。NetBIOSネットワーク上で実行されるソフトウェアアプリケーションは、NetBIOS名を介して互いを見つけて識別します。NetBIOS名は最大16文字の長さで、通常はコンピュータ名とは別のものです。2つのアプリケーションは、一方(クライアント)がTCPポート139を介して別のクライアント(サーバー)を「呼び出す」コマンドを送信すると、NetBIOSセッションを開始します。ポート139は何に使用されますかただし、WANまたはインターネット上のNetBIOSは、セキュリティ上の大きなリスクです。ドメイン、ワークグループ、システム名などのあらゆる種類の情報、およびアカウント情報は、NetBIOSを介して取得できます。したがって、優先ネットワーク上でNetBIOSを維持し、ネットワークから離れないようにすることが不可欠です。ファイアウォールは、安全対策として、このポートを開いている場合は、常に最初にブロックします。ポート139はファイルとプリンタの共有に使用されますが、インターネット上で最も危険なポ

Windows 10Updatesのダウンロードフォルダーの場所を変更する方法

ストレージスペースが不足するのは新しいことではありません。私たちのほとんどはインターネットにアクセスでき、ダウンロードを続けています。次に、多くのストレージスペースを占有できるゲームがあります。最大の問題は、通常はCドライブであるWindowsインストールドライブのストレージスペースが不足し、更新プログラムのダウンロードが停止したときに発生します。Windows OSには、更新プログラムのダウンロード場所を変更するオプションはありません。この投稿では、Windows 10Updatesのダウンロード場所を変更する方法を学びます。Windows 10Updatesのダウンロード場所を変更する始める前に、これを完了するには管理者権限が必要であることを知っておく必要があります。通常のアカウントをお持ちの場合は、PCをセットアップした人に連絡して、彼の助けを借りることをお勧めします。Windows Updateのデフォルトの場所はC:\ Windows \ SoftwareDistributionです。SoftwareDistributionフォルダーは、すべてがダウンロードされ、後でインストールされる場所です。システムがWindowsUpdateをダウンロードするための新しいディレクトリを準備します Cドライブ以外のドライブにターゲットディレクトリを作成します。簡単に参照できるように、Win

Windows10にBluetoothアイコンがありません

通常、タスクバーのシステムトレイまたはWindows 10の通知領域は、Bluetoothアイコンが存在する場所であり、オンにすると表示されます。ユーザーがパーソナルエリアネットワークに参加できるようにする、新しいBluetoothデバイスを追加するなど、複数の機能を実行します。ただし、Bluetoothオプションの[アイコンを削除]を誤ってクリックすると、そのアイコンが失われる可能性があります。このような状況では、アイコンを取得するのが難しい場合があります。それにもかかわらず、ここにあなたがWindows10 / 8/7で失われたBluetoothアイコンを復元することを試みることができるいくつかのステップがありますBluetoothアイコンがありませんWindows 10、オープン設定>デバイス> Bluetoothの&他のデバイス。ここで、Bluetoothがオンになっていることを確認します。次に、下にスクロールして[関連設定]で、[その他のBluetoothオプション]リンクをクリックして[ Bluetooth設定]を開きます。ここで、[オプション]タブで、[通知領域にBluetoothアイコンを表示する]が選択されていることを確認します。[適用]をクリックして終了します。Windows 7/8ユーザーは、Windows 10の検索ボックスに「コントロールパネル」と

FixWinユーティリティでWindows7とVistaの問題を修復して修正する

Windows 7およびVista用の最初のアプリケーションであるFixWinをリリースできることを嬉しく思います。FixWinは、一般的なWindowsの煩わしさや問題を修復および修正するための529KBのフリーウェアポータブルアプリケーションです。FixWinは、Windows7またはWindowsVistaがインストールされているかどうかを検出し、それに応じて関連する修正のみを提供します。Windows 8ユーザーは、Windows8用のFixWinv2をダウンロードすることをお勧めします。注: Windows 10ユーザーは、FixWin10 for Windows10をダウンロードすることをお勧めします。更新: 2010年3月19日。FixWinv1.2がリリースされました。これには、いくつかのマイナーなバグ修正とUIの変更が含まれています。下記のダウンロードリンクは、FixWin v1.2を指しています。このような煩わしさを処理するためのチュートリアルとハウツーがインターネット上ですでに利用可能でしたが、Windowsユーザーが直面する可能性のある一般的な煩わしさのいくつかを修正するために、単一のユーティリティとしてのFixWinが概念化されました。ごみ箱が正しく更新されませんか?または、何らかの理由でInternetExplorerで右クリックのコンテキストメニューが無効

Windows10のコンテキストメニューからCRC-SHAエントリを削除する方法

Windows 10マシンに最新バージョンの7-Zipプログラムをインストールしている場合は、CRC-SHAエントリが7-Zipオプションとともにコンテキストメニューに自動的に追加されていることに気付いたかもしれません。横矢印をポイントすると、CRC-64、SHA-256、SHA-1、CRC-32、および*エントリが表示されます。CRCは巡回冗長検査の省略形であり、データに加えられた変更をチェック/識別するためにデジタルネットワークで使用されます。その兄弟であるSHAはSecureHash Algorithmの略で、インターネットからダウンロードされたデータの整合性を判断し、データが破損していないことを確認するのに強力な用途があります。これらのアルゴリズムの機能を知りたくないユーザーは、コンテキストメニューへのエントリが不要であることに気づき、完全に削除したいと思うかもしれません。Windows10のコンテキストメニューからCRC-SHAエントリを削除する方法は次のとおりです。コンテキストメニューからCRC-SHAエントリを削除します[スタート]検索ボックスに7-Zipと入力し、[Enter]キーを押して、7-Zipファイルマネージャーを開きます。見つかったら、プログラムを開き、[ツール]メニューを選択して、[オプション]ボタンをクリックします。次に、システムのすぐ隣にある7-Zipタ

FIX bootrec / FixBootAccessはWindows10で拒否されましたエラー

bootrec / FIXBOOTアクセスが拒否され、ほとんどのエラーをプロンプトコマンド内のブート関連の問題を固定して起こります。これは、ブートマネージャーに関連しています。この問題には他にもいくつかの原因がありますが、通常はディスクパーティションの概念を中心に展開しています。このガイドでは、Windows10でのこのエラーのトラブルシューティングについて説明します。bootrec / FixBootAccessが拒否されたエラーを修正する方法bootrec / fixbootを実行すると、Windows10でbootrec / FixBoot Accessdeniedエラーが発生します。続行するには2つのオプションがあります。新しいISOを取得します。UEFIブートを修正します。1]新しいISOを取得するインストールメディアに問題がある可能性があります。Windows 10用の新しいISOイメージファイルを取得した後、新しいUSBブータブルデバイスを作成します。次に、この新しいイメージを使用してブート修正プロセスを続行します。2] UEFIブートを修正します起動可能なWindows10 USBドライブを作成し、それを使用してコンピューターを起動します。次に、ようこそ画面が表示されたら、[次へ]をクリックし、ウィンドウの左下にある[コンピューターの修復]をクリックします。次に、[トラ

Chrome、Edge、Firefoxの特定のウェブサイトのCookie、サイトデータ、キャッシュをクリアする

特に400Bad Requestのようなエラーが発生した場合は、閲覧履歴全体ではなく、特定のWebサイトのCookieとサイトデータのみを削除またはクリアする必要があると感じることがあります。Internet Explorerで特定のドメインのCookie、サイトデータ、およびキャッシュをクリアする方法については、すでに説明しました。それでは、Edge、Chrome、Firefoxブラウザでそれを行う方法を見てみましょう。特定のWebサイトのキャッシュをクリアするにはどうすればよいですか?通常、そのブラウザのCookieキャッシュ全体を削除するだけです。これは、このオプションを実行すると、すべてのCookieがクリアされることを意味します。ただし、これを行わない場合は、その特定のドメインのCookieのみをクリアする必要があります。Chromeの特定のウェブサイトのCookieとサイトデータをクリアするGoogleChromeブラウザを開きます。アドレスバーに次のように入力し、Enterキーを押します。chrome:// settings / siteDataすべてのCookieとサイトデータが表示されます。このパネルには、Chromeの[設定]> [詳細設定]> [プライバシーとセキュリティ]> [サイトの設定]> [Cookie]> [すべてのCook

Seedrを使用してマグネットリンクを直接ダウンロードリンクに変換する

私たちの多くはTorrentを使用しています。そうしないと、インターネットで目にする多くの人がそうします。トレントは、デジタルコンテンツを無料で入手するための唯一の無料ソースです。映画、ゲーム、電子書籍、音楽、その他すべてを完全に無料で手に入れることができます。現在、多くの人が直接リンクを好む傾向があります。トレントを指すこのようなリンクは、マグネットリンクと呼ばれます。これは多くの理由によるものです。彼らは個人的な好みのために常に直接リンクを使用することを好むかもしれません、あるいはおそらく彼らのISP(インターネットサービスプロバイダー)はトレントのP2P(ピアツーピア)接続を使用するよりも直接ダウンロードでより高い帯域幅を提供します。読む:マグネットリンクとは何ですか?ブラウザでマグネットリンクを開く方法。マグネットリンクを直接ダウンロードリンクに変換するSeedrは、すべてのトレントマグネットリンクを直接リンクに変換するのに役立つそのようなソリューションの1つです。はい、これらの直接リンクは、ダウンロードマネージャーソフトウェアを使用して簡単にダウンロードできます。また、これは、お住まいの地域でトレントがブロックされている場合や、接続がP2P接続をサポートしていない場合でも機能します。注:トレントは合法または違法である可能性があります。一部のサイトは、著作権を保有する正当なコン

SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED(nviddmkm.sys、atikmpag.sys)Windows10のブルースクリーン

ラップトップで作業しているときに、突然Windows 10の画面がちらつき、真っ暗になり、停止エラーのあるブルースクリーンが表示されました–システムスレッドの例外が処理されていません(nviddmkm.sys)。atikmpag.sys、dxgmms2.sys、CMUSBDAC.sys、Idiagio.sys、iaisp64 sys、PCI.sys、Netwtw04.sysなどの他のドライバーでも発生する可能性があります。Windowsはいくつかの情報を収集し、それが完了すると、私のコンピューターは再起動しました。他の点では安定したシステムで受信しましたが、この停止エラーは、セットアップまたはアップグレード時、または

タスクホストウィンドウ、タスクホストはバックグラウンドタスクを停止しています

通常、Windowsをシャットダウンしようとしているときに、プログラムが閉じられていない場合、オペレーティングシステムは、プログラムを閉じるか、とにかくシャットダウンするかを尋ねるウィンドウをポップアップします。どちらのオプションでも続行できます。ただし、状況によっては、特定の内部プロセスがシャットダウン/再起動を禁止している可能性があり、ユーザーは次のエラーを受け取ります。タスクホストウィンドウ、タスクホストはバックグラウンドタスクを停止していますこれは通常、更新ファイルがPCの更新を妨げている場合に発生します。ここでの難しい部分は、システムを強制的にシャットダウンしない限りシステムを再起動できないため、クリーンブートで問題のトラブルシューティングを試みることができないことです。タスクホストウィンドウ、タスクホストはバックグラウンドタスクを停止していますタスクホストウィンドウがシャットダウンを妨げている場合、これらの提案は問題の修正に役立ちます。1] WindowsUpdateのトラブルシューティングを試す[スタート]ボタンをクリックしてから、歯車のような記号をクリックして、[設定]ページを開きます。[更新とセキュリティ]のオプションを選択し、[トラブルシューティング]タブをクリックして、[トラブルシューティング]ページを開きます。スクロールして、リストからWindowsUpdate

Windows10でのWindowsUpdateエラー0x80070003

エラー0x80070003は、Windows Updateの実行時、Windowsファイアウォールのアクティブ化時、またはWindowsストアからのダウンロード時にWindowsコンピューターで発生する可能性があります。この記事では、WindowsUpdateエラー0x80070003について説明します。これが発生した場合は、通常、Windows Update(WUAUSERV)が開始されていないか、バックグラウンドインテリジェント転送サービス(BITS)を開始できないことを意味します。この問題は、WindowsUpdateメカニズムをサポートする他のコンポーネントにもある可能性があります。WindowsUpdateエラー0x80070003Windows10のWindowsUpdateのエラーコード0x80070003を取り除くためのいくつかの効果的な修正は次のようになります。WindowsUpdateのトラブルシューティングを実行します。古い構成ファイルSpupdsvc.exeを置き換えますWindowsUpdate関連のフォルダーをリセットします。WindowsUpdate関連のWindowsサービスのステータスを確認します。システムファイルチェッカーを使用します。1] WindowsUpdateのトラブルシューティングを使用するWindowsUpdateトラブルシューティングま

Windows10でのFPSドロップによるゲームのスタッターを修正

マイクロソフトは、Windows 10PCでのゲームを強く求めています。すべてのアップデートにはゲーマー向けの何かがありますが、ゲームに関する問題や問題がないわけではありません。ユーザーから報告された主要な問題の一つは、ゲームの吃音を持つFPSが低下し、彼らがプレイするゲームのために。問題の一部はドライバーにあり、一部はWindows 10に展開される更新プログラム、特にWindows 101803の更新プログラムにあります。このガイドでは、Windows10でFPSドロップを使用してゲームのスタッターを修正するためのヒントについて説明します。FPSドロップによるゲームの吃音とはこれは、画面上のコンテンツが突然変化するレンダリングの問題です。これはさまざまな理由で発生する可能性がありますが、GPUがフレームのレンダリングに予想よりも時間がかかる場合は、フレームをスキップしたり、ラグが発生したりする可能性があります。これは、マルチプレイヤーゲーム中に簡単に目立ちます。コントローラまたはマウスを使用してアクションを実行した後、かなり後にアクションが発生するのがわかります。多くの場合、ドライバーがGPUのフレームを準備するのに非常に長い時間がかかると、すべてが遅れて表示されます。FPSまたは1秒あたりのフレーム数は、吃音の結果です。したがって、たとえば、60FPSは毎秒60フレームを意味しま

Bluetoothをオンまたはオフにするための切り替えがWindows10にありません

Windows 10には、常にBluetoothハードウェアのサポートが含まれています。さて、このサポートはしばらくの間ここにあります。また、Bluetooth 5.0 LEの最新バージョンのサポートにより、さらに改善され続けています。ただし、Bluetoothを使用し続けると、Windows10設定アプリまたはアクションセンターにBluetoothをオンにするオプションがないことに気付くユーザーもいます。この問題に直面した場合、この投稿は問題の解決に役立ちます。Bluetoothをオンまたはオフにするための切り替えがありませんシナリオは異なる可能性があります。Windows10でBluetoothをオンにするオプションはありません。デバイスにはBluetoothがありません。BluetoothはWindows10をオンにしません。Windows10でBluetoothにトグルがありません。Windows10ではBluetoothの切り替えはありません。BluetoothスイッチなしWindows10。Bluetoothをオンまたはオフにするオプションがありません。これらの問題を修正するには、次の修正を実行する必要があります。Bluetoothドライバーを更新、ロールバック、または再インストールします。デバイスマネージャからBluetoothを有効にします。Bluetoothのサービス

WindowsデスクトップのChromeでFacebook通知を無効にする方法

Facebookのようなソーシャルネットワーキングサイトはあなたの絶え間ない注意を要求します。そのため、通知の受信に同意するには、それぞれのブラウザにサインインする必要があります。Google Chromeは、コンピューターユーザーにとって断然最も好まれるブラウザーであり、このルールも例外ではありません。とはいえ、絶え間ないビープ音とベル音は、作業の邪魔になる可能性があります。Facebookからのこれらの通知が気にならないようにする場合は、無効にすることをお勧めします。ChromeでFacebook通知をオフまたは無効にする方法は次のとおりです。ChromeでFacebookの通知を無効にするデフォルトでは、Chromeブラウザは、ウェブサイト、アプリ、または拡張機能が通知を送信するたびに警告を発します。そのため、ChromeでFacebookアカウントにアクセスしているときに「デスクトップ通知がオンになっている」ポップアップメッセージに最近気付いた場合、「OK」ボタンをクリックしたことに気付いた場合は、Facebookページからのプッシュ通知がの隅に表示される可能性があります。画面、毎回。それでも、ユーザーはいつでも変更することができます。ChromeでFacebook通知を無効にするには、次の手順に従います。Chromeを起動します3ドット> [設定]をクリックしますプライ

Chrome、Firefox、EdgeでWebページを翻訳する方法

すべてのウェブサイトが複数の言語をサポートしているわけではなく、そのための翻訳者が必要になることがよくあります。多くの場合、必要な情報が異なる言語でいくつかのWebページにアクセスします。「Google翻訳ウェブサイト」は翻訳に最も一般的に使用されるオンラインツールですが、翻訳するにはコンテンツをコピーして貼り付ける必要がありますが、これはウェブページ全体では実際には不可能です。いくつかの文または段落を翻訳することは、Webページ全体を翻訳することとは異なります。この投稿では、さまざまなWebブラウザでWebページを翻訳する方法を学習します。Chromeでウェブページを翻訳するそれは実際にグーグルクロームで最も簡単で最も速いです。多くのボタンを押すことなく、Webページ全体を翻訳できます。設定を少し調整するだけで完了です。ブラウザの右上隅にある3つのドットをクリックします。[設定]→下にスクロールして、[詳細設定]タブをクリックします。下にスクロールして[言語]に移動し、選択した言語をクリックします。「読んだ言語以外のページの翻訳を申し出る」というタブが表示されます。右側のボタンを押してオンにすると完了です。これで、外国語のWebページにアクセスするたびに、Googleが翻訳オプションを提供し、ワンクリックでWebページ全体を翻訳できます。翻訳するWebページに移動し、右クリックして[

2020年のWindows10に最適なフリーソフトウェア

Windowsエコシステムの最も優れている点は、オペレーティングシステムで利用できるクールで便利なフリーソフトウェアがたくさんあることです。フリーソフトウェアはWindows10の心臓部であり、Windows 10 PCを最大限に活用したい場合は、このリストを確認する必要があります。リストが網羅的ではなく、他のいくつかがリストに含まれている可能性があることを認めなければなりません。最高の無料のWindowsソフトウェアを見て、これらのどれを使用しているか、または他に提案があるかどうかをお知らせください。Windows10用の最高のフリーソフトウェアKaspersky Free AntivirusVLCメディアプレーヤー7-zip大胆さ究極のWindowsツイーカーCCleanerTunnelBear VPNBitDefenderアンチランサムウェアEASEUSTodoバックアップGIMPFirefoxFixWinこれは、それに関する重要なポイントを含む簡単な紹介です。それはあなたがそれを使うべき理由を得るのを助けるでしょう。1] Kaspersky Free Antivirusこれは軽量のアンチウイルスであり、ファイル、電子メール、Webアンチウイルス、自動更新、自己防衛、検疫など、Windowsユーザーに基本的なリアルタイムのマルウェア対策保護を提供します。最良の部分は、それが非常に

コピーアンドペーストがWindows10で機能しない

Windowsのコピーアンドペースト機能は、OSで最も基本的によく使用される機能の1つです。しかし、何らかの理由で、必要に応じて正常に機能していないことがわかった場合は、この投稿が問題の修正に役立ちます。この問題は、一部のシステムファイルが破損している場合、または一部のサードパーティプロセスがこの機能のスムーズな動作を妨げている場合に発生する可能性があります。コピーアンドペーストがWindows10で機能しないコピーアンドペーストできない場合、この投稿では、クリップボードを修正してWindows10のコピーアンドペースト機能をリセットする方法を示します。試すことができるいくつかのことを次に示します。rdpclip.exeプロセスを再起動しますexplorer.exeプロセスを再起動しますコピー&ペーストが機能していないプログラムを再インストールしますクリップボードの履歴をクリアするSFCとDISMを実行するクリーンブート状態でのトラブルシューティングWindowsツールの更新を使用します。これらの提案を詳しく見てみましょう。1] rdpclip.exeを再起動しますタスクバーを右クリックして、[タスクマネージャー]を選択します。ここで、rdclip.exeプロセスを見つけて右クリックし、[プロセスの終了]を選択します。次に、[ファイル]タブ> [新しいタスクの実行]をクリックしま

Windows10はiPhoneを認識しません

Windowsの10ユーザーが自分のiTunesに接続する上での問題を報告してきたiPhoneは、いずれかの検出を取得することができなかった、またはそのデバイスが認識されませんでしたMicrosoftの最新のオペレーティングシステム(OS)上で動作しているコンピュータで。この問題を修正するための単一の確実な解決策はありませんが、この問題の解決に役立ついくつかの簡単な回避策と修正があります。Windows10はiPhoneを認識しませんソリューションに入る前に、WindowsコンピューターがiPhoneを認識しない理由を理解することが重要です。この問題を最も簡単な形で説明すると、基本的にiPhone、iPad、MacBookを含むApple製品は、MicrosoftのWindowsとうまく適合しないため、これら2つを組み合わせると、簡単に通信できなくなります。これがまさに、新しいエラーやバグがときどき発生し続ける理由です。そして、そのようなバグの1つは、Windows10がiPhoneの検出に失敗したときに発生します。この問題に関する徹底的な調査によると、この問題を解決するために利用できる単一の修正はありません。真剣に解決しようとしている人にとっては、問題が解決するかどうかを確認するために、基本的に試行錯誤の方法でいくつかのチェックを行う必要があります。1.単に再起動します iPhone

Sedlauncher.exeとは何ですか?あなたはそれを取り除くべきですか?

コンピューターの速度が低下したりフリーズしたりする場合は、最初のアプローチとして、タスクマネージャーのディスク使用率とその原因となっているプログラムを確認する必要があります。Sedlauncher.exeが原因でシステムのディスク使用量が多い場合は、この記事をお読みください。Sedlauncher.exeとは何ですか?Sedlauncher.exeファイルはWindowsUpdate KB4023057と共にシステムにプッシュされ、その目的はオペレーティングシステムのWindows UpdateServiceコンポーネントの速度を最適化することです。ただし、多くのユーザーは、ファイルに関連付けられたプロセスが代わりに高いディスク使用率を引き起こすと報告しています。Sedlauncher.exeはウイルスですか?Sedlauncher.exeの元のファイルはウイルスではありません。こ

Windows10でイーサネットまたはWi-FiのDHCPを無効または有効にする

インターネットプロトコル(IP)ネットワークは、安全で信頼性の高い構成であるため、標準化されたネットワークプロトコルとして動的ホスト構成プロトコルまたはDHCPを利用します。これにより、ユーザーは再利用可能なIPアドレスを動的かつ透過的に割り当てることができます。ネットワークにDHCPサーバーをインストールして構成している場合、すべてのDHCP対応クライアントは、ネットワークを起動して参加するたびに、IPアドレスと関連するフレームワークパラメーターを取得できます。これは、ネットワーク上のコンピューターの構成と再構成に必要な時間を大幅に短縮するのに役立ちます。ただし、インターネットへの接続に問題が発生する場合があります。すべてのトラブルシューティング手順を試行した後、「DHCPが有効になっていません」というエラーメッセージが画面に表示されます。WindowsコンピューターでDHCPが有効になっていない場合、この投稿では、Windows 10/8/7でイーサネット、Wi-Fi、またはローカルエリア接続のDHCPを有効または無効にする方法を説明します。イーサネットまたはWi-FiのDHCPを有効にする「コントロールパネル」を開き、パネルの検索ボックスに「ネットワークと共有センター」と入力して、Enterキーを押します。「ネットワークと共有センター」画面の下に表示される「アダプタ設定の変更」リ

Windows Cumulative Updateがインストールされていないか、インストールに失敗します

場合によっては、Windows累積更新プログラムがインストールされていないか、インストールに失敗することがあります。これは、Windows10またはWindows8.1PCで発生する可能性があります。この投稿では、Windows8.1用のKB2919355パッケージの例を取り上げました。ただし、このプロセスは目安であり、適切な変更を加えることで、Windows10の他の累積的な更新パッケージにも使用できます。この投稿では、この問題のトラブルシューティングを試みるための一般的で具体的な方法をいくつか紹介します。Windows累積アップデートがインストールされないまず、失敗したインストール中に表示されるエラーコードを書き留める必要があります。ほとんどの場合、エラーコード0x80070020、0x80073712、0x80070002、0x80070003、0x800F0923、0x800F0922、および0x800f081fがMicrosoftに報告されています。エラーコード0x80070020に関する追加情報は次のとおりです。12月エラーコード:-2147024864エラー文字列:STIERR_SHARING_VIOLATIONエラーの説明:別のプロセスによって使用されているため、プロセスはファイルにアクセスできませんWindows Updateエラー0x80070020、0x80073

Windows 10のマイドキュメントはどこにありますか?

この「マイドキュメント」フォルダについて質問する人を見かけました。WindowsXPとWindows7を使用していたとき、これはすべてのドキュメントを保存するフォルダーでした。質問の反対側は、Windows 10でドキュメントを保存した場所を探していることかもしれません。初心者向けのこの投稿では、Windows10の「マイドキュメント」はどこにあるのかという質問に両方の点から答えます。Windows10のマイドキュメントはどこにありますか1]マイドキュメントフォルダWindows 7のサポートは、1月に終了する予定です、そしてあなたが最終的にあなたの移動をした場合、あなたはことを知っている必要があり、マイドキュメントは、今と呼ばれるフォルダドキュメントフォルダ。Windows 7と同様に、テキストファイルやMicrosoftOfficeファイルなどのドキュメントのデフォルトの保存場所です。では、このDocumentsフォルダーはWindows 10のどこにありますか?1]ファイルエクスプローラーからアクセスするタスクバーのフォルダ検索アイコンをクリックして、ファイルエクスプローラー(以前はWindowsエクスプローラーと呼ばれていました)を開きます。左側の[クイックアクセス]の下に、Documentsという名前のフォルダーが必要です。それをクリックすると、以前に持っていた、または最近保

Windows10でデスクトップアイコンを再表示または非表示にする方法

すべてのアイコンを非表示にして、クリーンなデスクトップをすばやく表示したい場合があります。デスクトップアイコンを非表示または再表示したい場合、またはデスクトップアイコンがWindows 10/8/7に表示されない場合は、この投稿が役に立ちます。 Windows10でデスクトップアイコンを再表示または非表示にするデスクトップを右クリック> [表示]> [デスクトップアイコンを表示]のチェックを外します。 これにより、アイコンが非表示になります。アイコンを表示するには、オプションを選択するだけです。デスクトップアイコンがありませんデスクトップアイコンが表示されない場合は、[スタート]メニューにgpedit.mscと入力し、Enterキーを押してグループポリシーエディターを開きます。案内する:ユーザー構成>管理用テンプレート>デスクトップ。次に、右側のペインにあるデスクトップフォルダを選択します。右側にある[非表示]を見つけて、デスクトップ上のすべてのアイテムを無効にします。それをダブルクリックして、[プロパティ]ボックスを開きます。この設定により、アイコン、ショートカット、その他のデフォルトおよびユーザー定義のアイテム(ブリーフケース、ごみ箱、コンピューター、ネットワークの場所など)がデスクトップから削除されます。アイコンとショートカットを削除しても、ユーザーが別の

Windows10での制限付きWiFi接続の問題

一部のWindowsユーザーは奇妙な問題を経験しています。Windows10またはWindows8.1をインストールした後、デバイスのWiFiステータスに「接続が制限されています」というエラーが表示され、再接続するまでインターネットにアクセスできませんでした。これはよくある問題だと気づきました。場合によっては、デバイスをリセットして最初からやり直すことさえ役に立たなかった。いくつかのフォーラムをフォローした後、私はいくつかの提案をすることを考えました。そのうちの1つはMicrosoftAnswersで見つけました。読む:Windows 10にアップグレードした後、WiFiが機能しません。限られたWiFi接続まず、システムの復元ポイントを作成します。次に、[スタート]ボタンを右クリックして[コントロールパネル]オプションにアクセスし、それを選択します。次に、「デバイスマネージャ」オプションを選択しました。次に、[ネットワークアダプター]を選択すると、その下にWi-Fiコントローラーが表示されます。それを選択します。コントローラをダブルクリックしてアダプタの[プロパティ]ウィンドウを開き、[ドライバ]タブに切り替えます。次に、[無効にする]ボタンをクリックし、[OK]をクリックして変更を適用します。それが役立つかどうかを確認してください。それでも問題が解決しない場合は、再度有効にして、次の

WMICを使用してWindows10でネイティブにハードディスクの状態を確認する

ハードディスクの状態にエラーや不良セクタがないか定期的にチェックすることは常に良い考えですが、明らかな理由もなくハードディスクの障害に気付かれないようにしたくない場合は、ハードディスクを定期的に監視することも同様に重要です。 。最近のハードディスクでは、Self-Monitoring、Analysis、and Reporting TechnologyまたはSMARTを使用して、その状態を監視し、障害が発生した場合に信号を送信します。ハードディスクの状態のステータスを確認するには、WMICまたはWindows ManagementInstrumentationコマンドラインを使用できます。WMICは、 Windows Management Instrumentation(WMI)とWMIを介して管理システムの使用を簡素化する、コマンドラインやスクリプトインタフェースです。WMIコマンドを使用すると、たとえば、Windows PCのコンピューターのモデル名やシリアル番号を確認するなど、いくつかの管理タスクを実行するのに役立ちます。ハードディスクの状態を確認するWindows 10/8/7でハードディスクの状態をネイティブに確認するには、コマンドプロンプトウィンドウを開きます。まず、次のように入力してEnterキーを押します。wmic次に、次のように入力してEnterキーを押します。ディスク

Windows10でコンピューターの音量が小さすぎる

Windowsコンピュータの音量が小さくなりすぎた場合、問題を解決するために使用できるいくつかの可能な解決策があります。この問題は、ソフトウェアが原因であるか、ハードウェアに関連している可能性があります。Windowsには、優れた音質を得るために完璧である必要があるいくつかの重要な設定が付属しています。Windows 10/8/7でコンピューターの音量が小さすぎる場合は、次の手順に従って、問題の解決に役立つものがあるかどうかを確認してください。コンピューターの音量が小さすぎるリストに目を通し、最初に試してみたい提案を決定します。オーディオドライバーを更新するスピーカーを物理的に掃除する別のデバイスで確認してください通信設定を確認するラウドネスイコライゼーションを確認するメディアプレーヤーのサウンドを上げるオーディオトラブルシューティングを実行します。1]オーディオドライバを更新しますこれはおそらく私たちの頭に浮かぶ最初のことです。どのサウンドシステムを使用していても、コンピューターに最新のデバイスドライバーがインストールされていることが不可欠です。したがって、ドライバーを更新します。サードパーティのドライバアップデータソフトウェアを使用することもできますが、Dell Update Utility、HP Support Assistantなど、お使いのブランドのPC用のツールを使用するこ

Windowsは必要なファイルをインストールできません、エラーコード0x8007025D

新しい機能の更新でWindows10を更新しようとすると、エラーコード0x8007025Dが表示され、エラーメッセージが表示されます。Windowsは必要なファイルをインストールできません。この投稿はあなたを助けることを目的としています。この投稿では、この更新エラーの考えられる原因を特定し、この問題の軽減に役立つ解決策を提供します。更新が失敗すると、次のエラーメッセージプロンプトが表示されます。WindowsセットアップWindowsは必要なファイルをインストールできません。インストールに必要なすべてのファイルを確認してくださいが利用可能になり、インストールを再開します。エラーコード:0x8007025D調査の結果、エラーコード0x8007025D = ERROR_BAD_COMPRESSION_BUFFERは、指定されたバッファに変換され、不正な形式のデータが含まれています。USB 3.0は、システムとの通信にメッセージ信号割り込み(MSI)モードを使用します。一方、USB 2.0は、はるかに古い割り込み要求(IRQ)システムを使用します。 USB 3.0デバイスが使用する新しいMSIシステムの1つの機能は、デバイスとシステム間のデータ転送の非同期処理です。これには、データが高いデータレートでストリーミングされるバッファが必要であり、システムによってデコードされます。機能の更新プロセ

WindowsPC用の最高の無料付箋

Windows 10/8/7で付箋をよく使用しましたが、さらにいくつかの機能が提供されることを望みましたか?この投稿では、Windows 10で利用できる付箋アプリケーションのいくつかについて説明しました。これらのメモ取りアプリケーションは、作業を簡素化するだけでなく、デスクトップを美しく、情報に満ちたものにします。最後に、付箋を作成できるChromeとFirefoxのブラウザ拡張機能についても説明しました。Windows10用の無料の付箋これは、WindowsPC用の最高の無料付箋のいくつかのリストです。スティッキーZenRノートOrangeNoteシンプルな付箋StickyPadPNotes7付箋ホットノート付箋Chrome拡張機能付箋Firefoxアドオン。1]付箋Stickiesは、黄色の粘着紙の昔を思い出させることができるシンプルなメモ取りアプリケーションです。あなたはこのツールのシンプルさに恋をすることができます。Stickiesによって作成されたデジタルメモは、常に他のアプリケーションの上に表示されますが、簡単に元に戻すことができます。さらに、スティッキーズをアプリケーションに関連付けて、特定のウィンドウが開いているときにのみメモが前面に表示されるようにすることができます。ノートは高度にカスタマイズ可能です。色やフォントの種類などを変更できます。または、Stickiesの

Windows10でXboxOneコントローラーを調整する方法

Windows 10PCはXboxゲームコントローラーをサポートしています。PCと接続して、それをサポートするゲームをプレイできます。XboxゲームをPCでストリーミングしたり、Xbox One本体とPCが非常に離れている場合は、ゲームコントローラーを使用してゲームをプレイしたりすることもできます。とはいえ、コントローラーが正しく機能していないように見えることがよくあります。その場合は、Windows10でXboxOneコントローラーを調整する必要があります。これはまさにこのガイドで説明する内容です。この投稿では、Windows10でXboxOneコントローラーをリセットまたは調整する方法について説明します。ウィザードが実行され、さまざまな軸のすべてのボタンをテストできます。完了したら、組み込みのテストツールを試して、正しく機能するかどうかを確認できます。XboxOneコントローラーを調整するPCでゲームをプレイする際に問題が発生したときに、XboxOneゲームコントローラーの調整が必要かどうかがわかります。トリガーがタイムリーに起動しない場合や、コントローラーの軸に問題がある場合があります。それらはすべて、ゲームプレイ中にランダムな動きをもたらします。このプロセスには2つのオプションがあります。リセットしてコントローラーをデフォルト設定に戻すか、キャリブレーションを試みることができま

Windows 10のコマンドラインチェックディスクオプション、スイッチ、パラメータ

Check DiskまたはChkdsk.exeは、ディスクメディアおよびファイルシステムのエラーをチェックするために使用される組み込みのWindowsユーティリティです。ブルースクリーンからファイルやフォルダを開いたり保存したりできないなどの問題に直面した場合は、ディスクチェックユーティリティを実行できます。ファイルシステムまたはディスクの破損を検出して修正する必要がある場合は常に、組み込みのWindowsチェックディスクツールを実行します。 Check DiskユーティリティまたはChkDsk.exeは、ファイルシステムエラー、不良セクタ、失われたクラスタなどをチェックします。 Check Diskは、突然シャットダウンした場合、またはファイルシステムが「ダーティ」であることが判明した場合に、自動的に実行できます。このユーティリティには、Windows10 / 8/7とWindowsVistaには「2つのバージョン」があると言えます。1つは私たちのほとんどが使用する基本バージョンであり、もう1つはコマンドラインバージョンであり、より多くのオプションのセットがあります。Check Diskユーティリティの基本バージョンには、次のようにアクセスできます。[コンピューター]を開き、[ドライブ]を右クリック> [プロパティ]> [ツール]タブ> [今すぐ確認]を選択します。

メールIDをさらに活用するための3つのすばらしいGmailアドレスのトリック

ほぼ10年前、Gmailは、Yahoo、Hotmail、AOLなどに挑戦し、今日最も広く使用されている消費者向けメールサービスになりました。10億人以上のユーザーベースを持つ私たちのほとんどがGoogleアカウントを持っている理由は周知の事実です。Gmailアドレスのトリックしかし、Gmailアカウントを最大限に活用していると思いますか?メールエクスペリエンスに実際に多くを追加できるGmailの機能について知っていますか?まだ試したことがないかもしれないこれらの3つの秘密のGmailトリックがあります。読む。1。(+)を使用して、Gmailアドレスの無制限の兄弟を作成しますはい、それは可能です。メールアドレスの後にプラス(「+」)記号を追加するだけで、その後に単語や数字の任意の組み合わせを挿入して、同じ受信トレイで任意の数のパーソナライズされたメールIDを作成できます。たとえば、現在のメールIDが[email protected]の場合、メールをwindowsclub + authors @ gmail.comまたはwindowsclub + [email protected]に変更するか、任意の組み合わせを使用して同じIDのメールを引き続き受信できます(windowsclub)。 @ gmail.com 。したがって、このGmailのトリックを使用すると、設定や構成を調整

Windows 10の時計の時刻が間違っていますか?これが作業修正です!

Windows 10/8/7コンピューターのタスクバーに間違った時刻が表示されていませんか?これである場合、この投稿では、問題を修正し、Windows10にタスクバーに正しいシステム時刻を表示させる方法に関するヒントをいくつか紹介します。Windows Timeがおかしな動作をすることがあります!Windowsタイムサービスが機能しなくなったり、時刻の同期が失敗したりする場合があります。Windowsのシステム時刻が逆戻りする場合もあります。Windows10の時計の時刻が間違っているWindows 10の時間が間違っている場合、問題を修正するには、次のうちどれが役立つかを確認する必要があります。日付と時刻の設定を変更するWindows Time Serviceが開始され、起動時に自動的に実行されるように設定されていることを確認しますインターネットタイムサーバーを変更して、それが役立つかどうかを確認しますWindows TimeDLLファイルを再登録するWindowsTimeプロセスを再登録するCMDを使用してWindowsに時刻の同期を強制するCMOSバッテリーが消耗している場合は、交換してください。この問題のトラブルシューティングを開始する前に、システムファイルチェッカーを実行することをお勧めします。これを行うには、管理者特権のCMDにsfc / scannowと入力し、Enter

Windowsはこのネットワークのプロキシ設定を自動的に検出できませんでした

システムトレイのネットワークアイコンに黄色の感嘆符が表示され、Windowsがこのネットワークのプロキシ設定を自動的に検出できなかったというエラーメッセージが表示された場合は、次の解決策が有効です。ルーターを再起動するとこの問題を解決できますが、多くの場合、機能しません。そのような場合は、さらにトラブルシューティングを行う必要があります。Windowsはこのネットワークのプロキシ設定を自動的に検出できませんでした次の提案は、Windowsがシステムでこのネットワークのプロキシ設定エラーを自動的に検出できなかった問題を修正するのに役立ちます。プロキシサーバーの設定を確認するWindows設定でプロキシ設定を確認するDNSサーバーアドレスを自動的に取得するネットワークアダプタを再起動しますアドウェア除去ツールでPCをスキャンしますネットワークドライバーのインストール/更新インターネット設定をリセットするウイルス対策、ファイアウォールソフトウェア、またはVPNを一時的に無効にしますネットワークトラブルシューティングを使用します。これらの方法を詳しく見てみましょう。1]プロキシサーバーの設定を確認するこの問題は通常、プロキシサーバーが間違っているために発生するため、これがおそらくこの問題の最善の解決策です。Win + Rを押し、inetcpl.cplと入力して、Enterボタンを押します。また

Windows Defenderは、グループポリシーによってオフになっています

Windows Defenderは、Windows10のデフォルトのアンチウイルスです。ほとんどの主要なケースには十分です。したがって、非常にまれな極端な場合を除いて、サードパーティのオプションは必要ありません。言うまでもなく、Windows Defenderはリソースを大量に消費するものではないため、Windows10システムでうまく機能するはずです。現在、グループポリシーが原因でWindowsDefenderが機能しない場合があります。これは時々発生する傾向がありますが、心配しないでください。いくつかの修正を加えることで、安心してご利用いただけます。Windows Defenderは、グループポリシーによってオフになっていますWindowsDefenderを示すWindowsDefenderグループポリシーエラーが表示された場合–このアプリはグループポリシーによってオフになっているため、グループポリシーエディター、設定、またはレジストリを使用して有効にする必要があります。それを行う方法を学びます。[設定]でWindowsDefenderがオフになっているかどうかを確認しますここで行う最初のオプションは、設定アプリでWindows10がオフになっているかどうかを確認することです。これを行うには、Windowsキー+ Iを押して設定アプリを開き、[更新とセキュリティ]に移動します。選択

Windows10でメモリリークを見つけて修正する方法

Aメモリリークが故障したメモリ割り当てのために、コンピュータプログラムにおけるリソースの配置ミスです。使用されていないRAMの場所が解放されていない場合に発生します。メモリリークは、必要以上にRAMを使用するプログラムを指すスペースリークと混同しないでください。Windows 10/8/7システムでのメモリリークは、使用されていないにもかかわらずメモリにアクセスできないときに発生したと言われています。Windows10でのメモリリーク始める前に、メモリリークはデバッグするソフトウェアの問題であることを知っておく必要があります。たとえば、Java、JavaScript、C / C ++、Windowsなどです。RAMやハードディスクを物理的に交換する必要はありません。なぜ悪いのですかこれはバグであり、システムの欠陥であるため、メモリリークが悪いことは明らかです。しかし、それがシステムにどのように影響するかを正確に調べてみましょう。使用していないときでもメモリが解放されないため、メモリが枯渇します。メモリが使い果たされると、ソフトウェアが古くなります。使用可能なメモリが減少すると、応答時間が長くなり、システムのパフォーマンスが低下します。チェックされていないメモリリークは、最終的にアプリケーションのクラッシュにつながる可能性があります。メモリリークを特定するには、プログラマはプログラムのソ

Windows10にiPhoneドライバーをインストールする方法

Windows 10がiPhoneやその他のAppleデバイスを認識しない理由の1つは、ドライバーが正しくインストールされなかったことです。理想的には、iPhone / iPadをシステムに接続するか、iTunesソフトウェアをシステムにダウンロードするとすぐに、iPhoneドライバーがWindowsシステムに自動的にインストールされます。自動的に発生しない場合は、以下を確認してください。iPhoneのロックを解除し、電源をオンにする必要があります。最新バージョンのiTunesをシステムにインストールする必要があります。Windows10にiPhoneドライバーをインストールするそれでもドライバが自動的にインストールされない場合は、次のように手動でインストールできます。1] MicrosoftストアからiTunesをインストールした場合iPhone / iPadをシステムから取り外します。デバイスのロックが解除されていることを確認し、システムに再接続します。トリガーされた場合-iTunesアプリケーションを開き、閉じます。Win + Rを押して[実行]ウィンドウを開き、コマンドdevmgmt.mscを入力します。Enterキーを押して、デバイスマネージャを開きます。Apple iPhoneドライバーは、ポータブルデバイスセクションまたは不特定セクションのいずれかにあります。iPhone

Windows10でMicrosoftStoreアプリをインストールまたはアンインストールする方法

これは、MicrosoftストアからダウンロードしたWindows10にUWPアプリをインストールまたはアンインストールする方法を知りたいWindows10初心者向けの基本的なチュートリアルです。プロセスは非常に単純なので、それを見てみましょう。Windowsストアアプリのインストール方法Windows 10PCにWindowsストアアプリをインストールする場合は、公式のMicrosoftストアにアクセスしてアプリを検索し、ダウンロードしてインストールする必要があります。タスクバーバーの検索に「store」と入力し、[ Store ]アプリをクリックして開きます。検索バーを使用して、アプリを検索します。ストアアプリが見つかったら、[インストール]ボタンをクリックします。アプリが無料の場合は、ボタンに「無料」と書かれています。プロセスはかなり単純で、インストールも迅速かつ簡単です。Windows10ストアアプリをアンインストールする方法WindowsストアからインストールしたWindows10アプリを削除またはアンインストールするには、次のオプションがあります。スタートメニューからアンインストールします設定からアンインストールしますPowerShellコマンドを使用するPowerShellスクリプトを使用するサードパーティのフリーウェアを使用してください。1]スタートメニューからアンイン

Windows 10でヘッドフォンが機能しない、または検出されない

ヘッドフォンが機能しない場合–おそらくアップデートをインストールした後、互換性のないOSとドライバーが原因である可能性があります。コンピューターのいくつかのコンポーネントの更新は、壊れているものを修正することを目的としていますが、他のコンポーネントが壊れることもあります。そのようなシナリオの1つは、WindowsUpdateがヘッドフォンを壊す場合です。コンピューターは、ヘッドホンを使用したオーディオの再生を停止します。このエラーは、互換性のないドライバが原因で発生します。Windows10でヘッドフォンが機能しないヘッドフォンが機能していない、または検出されていない場合に役立ついくつかの実用的なソリューションを次に示します。ヘッドフォンをデフォルトのデバイスとして手動で設定します。正しいポートを使用していることを確認してくださいオーディオサービスを再起動しますオーディオドライバーを更新またはロールバックします。オーディオトラブルシューティングを使用します。新しいWindowsUpdateをロールバックまたはインストールします。1]手動で設定されたヘッドフォンがデフォルトのデバイスですヘッドホンを接続しても、デフォルトのオーディオデバイスが切り替わらない場合があります。この場合、デフォルトのオーディオデバイスをヘッドホンに設定するだけです。システムトレイの音量アイコンを右クリックして、

Windows10でのアクセスできないブートデバイスエラー

あなたが受け取る場合INACCESSIBLE_BOOT_DEVICEのエラーをあなたがにアップグレードした後のWindows 10、またはあなたは、Windows 10でリセットを使用した後、このポストは問題を克服する方法を提案しています。INACCESSIBLE BOOT DEVICEバグチェックは通常、Windowsオペレーティングシステムが起動中にシステムパーティションへのアクセスを失ったことを示します。これが発生した場合、システムは通常、ブルースクリーンまたは停止エラーを表示した後にシャットダウンして、データの破損や損失の可能性からシステムを保護します。アクセスできないブートデバイスInaccessible_Boot_DeviceStopエラーには複数の理由が考えられます。ストレージスタックに関連するフィルタードライバーの欠落、破損、または誤動作ファイルシステムの破損ストレージコントローラーのモードまたはBIOSの設定の変更Windowsのデフォルトドライバーではなく、別のストレージコントローラーを使用する別のコントローラーを備えた別のコンピューターにハードディスクを移動するマザーボードまたはストレージコントローラーの障害、またはハードウェアの障害コンポーネントベースのストアが破損しているため、TrustedInstallerサービスが新しくインストールされた更新をコミットでき

AeroがWindowsで機能しませんか?Aeroキャッシュをフラッシュして再度有効にします。

Windows 7は、それ自体ではAeroGlass効果を有効にしません。さらに、ご使用のバージョンのWindows7がAero機能をサポートしているかどうかを確認する必要があります。Aero機能が有効になっていないか、Windows 10/8/7で機能していない場合は、次のトラブルシューティング手順を試してください。 AeroがWindowsで機能しない1]お使いのバージョンのWindows10 / 8/7がAeroをサポートしていることを確認します。Aeroは、Ultimate、Home Premium、Businessエディションでサポートされています。2]グラフィックカードがWDDM(Windows Display Driver Model)をサポートしていることを確認します3]デスクトップを右クリックし、[パーソナライズ]を選択します。テーマをクリックして、デフォルトのWindowsテーマを選択します。次に、Windowsの[色と外観]で、[透明度を有効にする]がオンになっていることを確認します。4] [ファイル名を指定して実行]ボックスを開き、Services.mscと入力し、Enterキーを押してサービスマネージャーを開きます。「デスクトップWindowsマネージャー」サービスが自動に設定されていることを確認します。5]これをすべて実行しても、Aeroが機能しないか、Ae

SkypeオーディオまたはマイクがWindows10で機能しない

一方でWindowsの10は、今日最も愛さオペレーティングシステムのいずれかで、まだユーザーを悩まいくつかの問題があります。Skype Microphoneの内部の問題は、Windows10ユーザーが直面する一般的な問題の1つです。Windows 10 PCのマイクは、さまざまな理由で動作を停止する可能性があります。よく報告される理由のいくつかは、設定​​の誤り、ドライバーの破損または廃止、またはハードウェアの問題です。組み込みのマイクまたはSkypeオーディオがWindows10 / 8/7で機能しない場合、この投稿はマイクを修正する方法を示しています。Skypeオーディオまたはマイクが機能しないヘッドセットの音声に問題があり、Skype通話中に音声が聞こえない場合は、開始する前に、Skype設定を開きます。[スピーカー]と[マイク]で、MicrosoftLifeChatヘッドセットが選択されていることを確認します。1]マイクがオンになっているかどうかを確認しますWindows 10にアップグレードした後、マイクが機能しない場合は、おそらくオフになっています。ショートカットWin + Iを使用してWindows設定に移動し、[プライバシー]タブをクリックします。左側のパネルから[マイク]を選択してオンにします。マイクを使用するアプリを選択することもできます。2]壊れたまたは古いドライ

Windowsは、このハードウェアのデバイスドライバーを初期化できません(コード37)

Windows 10/8/7デバイスマネージャーで、Windowsがこのハードウェア(コード37)のデバイスドライバーを初期化できず、ハードウェアが正しく機能していないというエラーメッセージが表示された場合は、次の解決策が問題の解決に役立つ場合があります。このエラーメッセージは、ドライバのプロパティのポップアップウィンドウに表示される[全般]タブに表示されます。デバイスドライバーエラーコード37は、ドライバーがDriverEntryルーチンの実行時にエラーを返したためにこれが発生することを示しています。Windowsは、このハードウェアのデバイスドライバーを初期化できません(コード37)このデバイスマネージャのエラーコードを解決するには、デバイスドライバを手動で再インストールする必要があります。1]ドライバーを再インストールしますこの操作を実行するには、デバイスマネージャを開きます。次に、問題を引き起こしているデバイスドライバーを特定します。[デバイスのアンインストール]オプションを選択します。デバイスのプラグを抜きます。コンピュータを再起動してください。デバイスを接続します。デバイスがコンピューターに接続されていると仮定して、もう一度デバイスマネージャーを開き、[アクション]ボタンをクリックして、[ハードウェアの変更をスキャン]ボタンを選択します。これは役立つはずです。もう1つのオプ

Windows 10で画面解像度の変更、カラーキャリブレーション、ClearTypeテキストのキャリブレーション

コンテンツの表示と画像の鮮明さを向上させるため、WindowsPCで正しい画面解像度設定を行うことが非常に重要です。解像度が高いほど、PC上の画像とコンテンツは鮮明になります。ただし、Windowsには、PCの各ディスプレイに独自のデフォルトのスケーリング設定と色が設定されており、通常はシステムに最適ですが、いつでも自分の好みに応じて調整できます。Windows10で画面解像度を変更するこの投稿では、Windows 10で画面解像度、カラーキャリブレーション、ClearTypeテキスト、ディスプレイアダプター、テキストサイズ、およびその他のディスプレイ設定を変更する方法について学習します。画面解像度の調整は簡単で、ディスプレイ設定から画面解像度設定にアクセスできます。設定を開くシステム設定をクリックします左側から[表示]を選択しますディスプレイの解像度が表示されるまで下にスクロールしますドロップダウンから、必要な画面解像度を選択します。これをもっと詳しく見てみましょう。デスクトップに移動し、マウスを右クリックして、[ディスプレイの設定]に移動します。次のパネルが開きます。ここでは、テキスト、アプリ、その他のアイテムのサイズを調整したり、向きを変更したりできます。解像度設定を変更するには、このウィンドウを下にスクロールして、[解像度の表示]のドロップダウンメニューを選択します。1920

Windows10でのカーネルセキュリティチェックの失敗エラー

あなたが受け取る場合KERNEL_SECURITY_CHECK_FAILUREのWindows 10/8/7に停止エラーまたはブルースクリーンを、この記事では、あなたが試してみたいことがいくつかのトラブルシューティングの手順があります。このエラーは通常、メモリまたはドライバの非互換性の問題またはシステムデータの破損が原因で発生します。KERNEL_SECURITY_CHECK_FAILUREバグチェックの値は0x00000139です。このバグチェックは、カーネルが重要なデータ構造の破損を検出したことを示しています。カーネルセキュリティチェックの失敗KERNEL_SECURITY_CHECK_FAILUREブルースクリーンが表示された場合は、次のことを試してみてください。どちらがシステムに当てはまるかを確認し、それらの提案に進んでください。WindowsUpdateを実行するシステムファイルチェッカーを実行するDriver VerifierManagerを実行しますメモリ診断ツールを実行するエラーがないかハードディスクをスキャンしますクリーンブート状態でのトラブルシューティングレガシーブートポリシーを有効にします。正常にログインできれば、問題ありません。それ以外の場合は、セーフモードで起動するか、[スタートアップの詳細オプション]画面に入るか、インストールメディアを使用して起動し、これら

修正:Windows10アップデートエラーコード0x8024a105

WindowsUpdateを実行しようとしたときにWindowsUpdateエラーコード0x8024a105が表示された場合、この投稿は問題の修正に役立つ可能性のあるいくつかの提案を提供します。Windows Updateを実行すると、次のメッセージが表示されます。一部のアップデートのダウンロードで問題が発生しましたが、後で再試行します。これが引き続き表示される場合は、Webを検索するか、サポートに問い合わせてください。このエラーコードが役立つ場合があります:(0x8024a105)。KB4020102アップデートをダウンロードしているときに、このエラーメッセージが表示されました。提案されているように0x8024a105を検索しても、実際には役に立ちませんでした。Windowsがこのエラーコードを検索することを提案していたので、このエラーが発生した理由と決定的な解決策を説明するMicrosoftの投稿が表示されることを期待していました。しかし残念ながら、私はインターネットに翻弄されました。このエラーコードは、WindowsUpdateのエラーコードリストには表示されません。おそらく自動更新クライアントに関連するものであることがわかりました。Windows10アップデートエラーコード0x8024a105Windows Updateのダウンロード時にこのエラーが発生した場合は、次の方法を試

Windows10でWindows10Upgradeフォルダーを削除する方法

あなたが見てきた場合はWindows10UpgradeフォルダをWindowsの10システムドライブに、あなたがそれを削除することができれば思って、[はい、できます。Windows 10 UpdateAssistantがフォルダーを作成します。この投稿では、Windows 10でWindows10Upgradeフォルダーを削除する方法と、アシスタントツールを削除する方法について説明します。Windows 10 Update Assistantは、Microsoftの公式ツールであり、機能更新のリリースから数日後に利用可能になります。それはあなたのデバイスに機能アップデートをダウンロードしてインストールすることができます。自動ダウンロードが自動的に行われるのを待つことができない場合にも、このツールを使用できます。Windows Updateは、新機能の更新がリリースされるたびに必ず取得します。ただし、何らかの理由でコンピューターで更新プログラムを利用できない場合は、Windows 10Updateアシスタントを使用できます。Windows10UpgradeフォルダーはC:\またはプライマリシステムドライブにあり、ツールがアップグレードファイルをダウンロードするために使用します。ある時点でこのツールを使用していて、それを忘れている可能性があります。このフォルダーは、更新アシスタントを使用し

XboxOneでオーディオを再生するのに最適なBGMアプリ

ゲームに関しては、ある種のゲーマーがいます。ゲームのオーディオとエフェクトに没頭したい人、そしてゲームをプレイするときに音楽を聴きたい人。2番目のカテゴリに該当する場合、Xbox Oneストアには、ゲームを楽しんでいる間、バックグラウンドで動作する音楽アプリがたくさんあります。この記事では、我々はのための最高の音楽アプリケーションのいくつかについて話しているXboxの一つ。最高のXboxOneバックグラウンドミュージックアプリこれらのアプリを使用して音楽の再生を開始すると、Xbox Oneガイドに固執し、スキップ、最後の曲の再生、BGMサウンドの制御を行うためのミニコントロールが提供されます。Xbox OneにはSNAPモードがないため、これ以上のことをしたい場合は、フルスクリーンで音楽アプリに切り替えて変更を加えることができます。この投稿では、無料サービスとサブスクリプションベースのサービスの両方について説明しました。一般に、プレミアムサブスクリプションでは、音楽、広告なし、無制限のスキップの選択肢が増えます。ただし、バックグラウンド再生に妥協はありません。パンドラこのアプリは米国、オーストラリア、ニュージーランドで利用でき、オンラインで音楽をストリーミングできます。XboxOneを使用すると、バックグラウンドで動作します。無料版を使用している場合は、ジャンルステーションをブラウザで

最新のセットアップホストの高いCPUまたはメモリ使用量(Windows 10)

コンピューターの速度が低下し、タスクマネージャーがSetupHost.exeによってCPUとメモリの使用率が高いことを示している場合は、この記事を確認する必要があります。Windows10コンピューターのModernSetupHostによる高いCPUまたはメモリ消費のトラブルシューティングに関するいくつかの提案があります。最新のセットアップホスト(SetupHost.exe)とはModern Setup Hostは、システムドライブ内の$ Windows。〜BTフォルダーにある実行可能ファイル(.exeファイル)です。このプログラムは、ユーザーが自分のPCをWindows 10にアップグレードするとき、またはWindows 10のあるビルドから別のビルドにアップグレードするときに、ユーザーの許可を得てバックグラウンドで実行されます。アップグレード/更新が完了すると、プロセスが自動的に停止します。ただし、リソースを大量に消費するプログラムとして実行および動作している場合は、これらの提案に

Windows10でプライマリモニターとセカンダリモニターを変更する方法

デュアルモニターをセットアップしていて、Windows 10でプライマリモニターとセカンダリモニターを変更したい場合は、次のことができます。Windows 10の[設定]パネルから作業を実行できるため、サードパーティのソフトウェアをインストールする必要はありません。Windows 10でデュアルモニターをセットアップするのは非常に簡単です。壁紙の変更からスケーリングまで、すべてがWindows設定を使用して可能です。多くの人が生産性を上げるために複数のモニターを使用しています。デュアルモニターを設定している場合は、Windowsのインストール後に、システムが任意のモニターをプライマリモニターとして選択できることをご存知かもしれません。プライマリモニターには、すべてのアイコンなどが含まれています。Windows10で優先度モニター、またはプライマリモニターとセカンダリモニターを変更する場合は、次の手順を実行する必要があります。Windows10のプライマリモニターとセカンダリモニターを変更するWindows 10でプライマリモニターとセカンダリモニターを変更するには、次の手順に従います。Windows設定を開くSyatem> Displayタブを選択しますマルチディスプレイに移動ドロップダウンから、プライマリにしたいモニターを選択します[これをメインディスプレイの設定にする]をオン

Chrome、Edge、Firefox、Opera、Internet ExplorerブラウザでCookieを無効にし、有効にします

インターネットクッキーとは何か、そしてさまざまな種類のインターネットクッキーについてはすでに見てきました。Webページを適切にレンダリングするにはCookieが必要ですが、セキュリティ上の理由やプライバシー上の懸念からブロックしたいCookieがいくつかあります。この投稿では、Cookieを有効にする方法、またはCookieをブロックまたは無効にする方法について説明します。また、必要に応じて、サードパーティ、セッション、および永続的なCookieをブロックする方法についても説明します。ここで取り上げるブラウザは、Microsoft Edge、Internet Explorer、Google Chrome、Mozilla Firefox、Operaなどの人気のあるブラウザです。ヒント:この投稿では、EdgeブラウザーでCookieを許可またはブロックする方法を説明します。ChromeでCookieを無効にし、有効にしますChromeでCookieを無効または有効にするには、[ツール]ボタン> [設定]をクリックします。このページの終わりに向かって、[詳細設定を表示]リンクが表示されます。クリックして。[プライバシーとセキュリティ]で、[サイトの設定]リンクをクリックします。ここで、[権限]> [Cookieとサイトデータ]で、自分に最も適していると思われるオプションを選択でき

Windows10のアップグレード後に$ Windows。〜BTおよび$ Windows。〜WSフォルダーを削除できますか?

Windows 10にアップグレードすると、システムまたはCドライブに$ Windows。〜BTおよび$ Windows。〜WSという名前の2つのフォルダーが表示される場合があります。これらのフォルダは、アップグレードプロセス中にWindowsによって作成されます。ここでの問題は、これらの$ Windows。〜BTフォルダーと$ Windows。〜WSフォルダーを削除しても安全ですか?これらの隠しフォルダーを表示するには、ファイルエクスプローラーをCドライブで開き、[表示]タブで[隠しファイルを表示する]チェックボックスをオンにします。次に、これら2つのフォルダーが表示されます。これらを右クリックして、[プロパティ]を選択します。$ Windows。〜BTは約625MBで、$ Windows。〜WSは約5.6GBを占めていることがわかります。したがって、これらを削除すると、貴重なディスク領域を大量に再利用することになります。$ Windows。〜BTおよび$ Windows。〜WSフォルダーを削除しても安全ですか?$ Windows。〜BTおよび$ Windows。〜WSは一時フォルダーであり、安全に削除できます。それらを右クリックして[削除]を選択できない場合は、次のコマンドを使用してアクセス許可を変更し、それらを強制的に削除できます。スタートボタンを右クリックして、WinXメニュー

GoogleChromeでシークレットモードで拡張機能を有効または許可する方法

Google Chromeのブラウザ拡張機能は、最も強力な機能の1つです。ブラウザでシークレットモードを使用すると、インストールされている拡張機能はデフォルトで無効になっています。これにより、インストールされている拡張機能から閲覧データにアクセスできなくなります。しかし、一部の拡張機能をGoogleChromeのシークレットモードで実行したい場合はどうでしょうか。Chromeでシークレットモードで拡張機能を実行するGoogleシークレットモードで拡張機能を許可、有効化、実行するには、拡張機能の詳細ページを開く必要があります。これをする:ブラウザのウィンドウの右上部分にある3つの縦のドットで示されるメニューボタンを選択します。[その他のツール]> [拡張機能]を選択するか、アドレスバーにchrome:// extensions /と入力して、Enterキーを押します。拡張機能ページが開きます。有効にする拡張機能を選択し、[詳細]をクリックします。[シークレットモードで許可]オプションまで下にスクロールします。この拡張機能をシークレットモードで実行できるようにする場合は、オンに切り替えます。シークレットモードでこの拡張機能の実行を停止する場合は、オフに切り替えます。有効にすると、シークレットモードを開いても拡張機能が実行されます。Chromeは、シークレットモードで拡張機能を無効にす

Windows10が機内モードでスタックしている

一部のユーザーは、Windows10コンピューターが機内モードでスタックするシステムの奇妙な問題を報告しています。モードを無効にすることはできません。これは、順番に、彼らがインターネットを使用することができないことを意味します。この問題の考えられる原因は、ネットワークドライバーの障害、機内モードのバグ、物理スイッチのオンなどです。この問題が発生した場合、最初のアプローチはコンピューターを再起動することです。Windows 10が機内モードでスタックしていて、ラップトップでフライトモードをオフにできない場合は、この簡単な解決策を試してください。電波塔でFn +キーを押します。一部のラップトップでは、これはPrtScrキーです。これを行うと、デバイスに機内モードが無効になっているというメッセージが表示されます。これが役に立たない場合。ケーブルを抜きます。コンピューターの電源を切ります。しばらく待つ。コンピュータを起動して見てください。より詳細なトラブルシューティングについて読んでください。Windows10が機内モードでスタックしているWindows 10が機内モードで動かなくなるという問題に直面している場合は、次の提案を試して問題を解決してください。無線管理サービスの状態を確認するDNSキャッシュなどをフラッシュします。ネットワークドライバーを更新するシステム設定で機内モードをオフにしま

アイコンキャッシュを再構築し、Windows10でサムネイルキャッシュをクリアします

アイコンが空白で表示されたり、破損しているように見えたり、正しく更新されない場合は、Windows 10PCでアイコンキャッシュデータベースが破損している可能性があります。同じことがサムネイルにも当てはまります。正しく表示されない場合は、破損している可能性があります。このようなシナリオでは、アイコンキャッシュを再構築し、サムネイルキャッシュをクリアするために、キャッシュファイルを削除する必要がある場合があります。 この投稿では、これらのキャッシュファイルの場所を示します。これにより、IconCache.dbファイルとthumbcache .dbファイルを削除して、Windows 10でIconキャッシュを再構築し、サムネイルキャッシュをクリアできます。 Windows10でアイコンキャッシュを再構築するIcon CacheまたはIconCache.dbは、Windowsが各アイコンのコピーを手元に置いておくために使用する特別なデータベースファイルです。Windowsがアイコンを描画する必要がある場合、元のアプリケーションファイルからアイコンイメージを取得する代わりに、キャッシュからのコピーを使用します。これは、Windowsがアイコンをより速く描画するのに役立ちます。Windows XPでは状況が異なり、Windows7 / 8でも状況が異なります。Windows8.1以降は状況が再び

XboxOneコントローラーが切断され続ける

Xbox 360でXboxコントローラーを使用し、次にXboxOneで使用しました。どちらの場所でも素晴らしい経験があり、コンソールから切断されるようなエラーはほとんど発生していません。ただし、いくつかの奇妙な理由でコントローラーがコンソールによって検出されなかったため、これを実行するためにいくつかのトラブルシューティング手順を試行する必要がありました。この投稿では、Xbox Oneコントローラーが切断され続け、オンのままにならない場合にできることを共有します。XboxOneコントローラーが切断され続けるコンソールの電源を入れ直しますこのトリックは多くの場所に当てはまります。問題を修正できない場合は、コンソールの電源を入れ直してください。手順は次のとおりです。Xbox One本体の前面にあるXboxボタンを音が聞こえるまで押し続けると、本体がシャットダウンします。さらに2〜3分待ってから、Xboxボタンを押してコンソールの電源を入れます。コントローラの電源を入れて、コンソールに接続するかどうかを確認します。Xboxボタンのライトが点灯したままの場合は、コンソールに接続されています。電池を交換するか、電池パックを充電してくださいゲームをしているときにバッテリー低下の警告が出ることがよくありましたが、静かに無視していました。さらに数分後、Xboxはコントローラーが切断されているというメッセ

配信最適化ファイルを削除し、Windows 10PCで失われたディスク領域を再利用する方法

配信最適化ファイルを削除できますか?この質問がある場合は、この投稿を読んでください。この投稿では、Windows Update Delivery Optimizationファイルを削除し、失われたディスク領域をWindows 10PCで再利用する方法を説明します。Windows 10には、Windows Update配信最適化機能が導入されています。この機能では、コンピューターが隣接するコンピューターまたはネットワーク上のコンピューターから更新を取得したり、更新を送信したりできます。これは、更新をはるかに高速に取得することを意味しますが、これらのWindows Update配信最適化ファイルを保存する際に、より大きな帯域幅の請求とディスク領域の損失が残ることもあります。WindowsUpdate配信の最適化をオフにする方法についてはすでに説明しました。次に、残りの配信最適化ファイルをコンピューターから削除または削除して、ディスク領域を再利用する方法を見てみましょう。配信最適化ファイルを削除する組み込みのディスククリーンアップツールを実行します。入力ディスククリーンアップを検索ボックスに。次に、結果をクリックして開きます。このツールを実行すると、コンピューターで配信最適化ファイルが見つかった場合、それらが結果に表示されます。それらを削除するには、配信最適化ファイルのチェックボックスをオン

Windows Updateのインストールに失敗しました–エラー0x80073701

一部のユーザーから、更新の失敗がエラーメッセージで報告されています–更新に失敗しました。一部の更新のインストールに問題がありましたが、後で再試行します。このメッセージとともにエラーコードは0x80073701です。この投稿では、Windows Updateのインストールに失敗した場合の考えられる解決策(エラー0x80073701)について説明します。エラー0x80073701はERROR_SXS_ASSEMBLY_MISSINGです。これは、いくつかのシステムファイルが欠落しているため、更新のインストールが失敗したことを意味します。WindowsUpdateは0x80073701のインストールに失敗しましたエラー0x80073701は重大な問題を引き起こしませんが、Windows Updateセクションで報告され、更新に失敗したとマークされています。この問題に直面した場合は、これらの提案を試してください。DISMツールを実行するSFCまたはシステムファイルチェッカーを実行するログを確認し、パッチを削除します。1] DISMツールを実行しますMicrosoftは、Windows 10でこの問題を解決するアップデートKB4497935をリリースしました。ただし、それでもこの問題が発生する場合は、KB4528159でDISMツールを実行することをお勧めします。DISMまたは展開イメージのサー

Windows10での一時的なインターネットファイルフォルダーの場所

WindowsXPからWindowsVistaに移行した人々は、このオペレーティングシステムのどこにインターネット一時ファイルが配置されているかについて戸惑いました。この投稿では、Windows10 / 8/7のTemporaryInternetFilesフォルダーの場所について説明します。一時インターネットファイルフォルダはどこにありますかWindows Vistaから始まり、Windows 7に続く場合、Temporary InternetFilesフォルダーは次の場所にあります。C:\ Users \ username \ AppData \ Local \ Microsoft \ Windows \ Temporary Internet FilesWindows 10とWindowsの8.1 / 8インターネットキャッシュやインターネット一時ファイルがこのフォルダに格納されます。 C:\ Users \ username \ AppData \ Local \ Microsoft \ Windows \ INetCache WindowsがCドライブにインストールされていると仮定します。これを表示するには、[フォルダオプション]の[隠しファイルとフォルダを表示する]オプションをオンにするだけでなく、[保護されたオペレーティングシステムのファイル/フォルダを非表示にする]オプショ

taskhostw.exeとは何ですか?ウイルスですか?

Taskhostw.exeは、Windowsオペレーティングシステムファイルです。taskhostw.exeの主な機能は、コンピューターが起動するたびにDLLに基づいてWindowsサービスを開始することです。これは、Exeファイルや実行可能ファイルではなくDLLの実行を担当するプロセスのホストです。多くの場合、Windowsオペレーティングシステムの一部のバージョンでは、taskhost.exeまたはtaskhostex.exeとして模倣されます。正当なtaskhostw.exeファイルは次の場所にあります-C:\ Windows \ System32 \ taskhostw.exe他のパスにある場合は、マルウェアである可能性があります。次に、マルウェア対策スキャンを実行することをお勧めします。Windows 10のtaskhostw.exeとは何ですか?このファイルがタスクマネージャー内で実行されているのが見えるかもしれません。Taskhostw.exeの高いCPU使用率障害のあるDLLがtaskhost

Windows 10でハイCPUを使用するHDオーディオバックグラウンドプロセス(RAVBg64.exe)

デフォルトでは、バックグラウンドアプリは多くのリソースを消費しないはずです。それらはしばしば見過ごされて実行され、CPUに多くを要求しません。ただし、一部のプロセスは大量に消費するため、無視することはできません。RAVBg64.exeは、そのようなバックグラウンド・プロセスの一例です。多くのWindowsユーザーは、Windows CPUリソースの20%から50%を消費しながら、タスクマネージャーでRAVBg64.exeプロセスがそれらを睨みつけていることに気づきました。これは決して歓迎されることではなく、PCの速度が遅いなどの悪影響があるため、すぐに対処する必要があります。RAVBg64.exeとは何ですか?RAVBg64.exe

コマンドプロンプトまたはPowerShellを使用してWindowsプロダクトキーを見つける方法

Retailキーを使用してWindowsのコピーを入力、登録、およびアクティブ化すると、情報はWindowsレジストリに保存されます。OEMコンピュータのユーザーは、2、3年の間、製造元がCOAまたはCertificate of Authenticityステッカーの貼り付けを停止していることに気付いたかもしれません。このステッカーには、Windowsのプロダクトキーがマシンに表示されていません。現在、このキーはBIOS / UEFIに組み込まれています。Windowsのプロダクトキーを探すMicrosoft Windowsデスクトップのライセンス条項に従い、小売製品のライセンスは個人に関連付けられていますが、OEMのプロダクトキーはマシンに関連付けられていることに注意してください。この投稿では、BIOSまたはレジストリからコマンドプロンプトまたはPowerShellを使用して元のWindowsプロダクトキーを見つける方法を説明します。リテールおよびOEMライセンスでも機能します。コマンドプロンプトを使用してWindowsプロダクトキーを回復するWindows 10 / 8.1のWinXメニューから、管理者特権のコマンドプロンプトウィンドウを開き、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。 wmic path softwarelicensingservice get OA3xOri

Windows10でランダムにデスクトップに最小化するフルスクリーンゲーム

私たちは皆、Windows 10でビデオゲームをプレイして楽しみたいと思っていますが、フルスクリーンモードでプレイできない場合、それは難しい場合があります。これは多くのユーザーが直面し、現在も直面している問題ですが、幸いなことに、すべてを制御する方法があります。人々は異なる仕様の異なるコンピュータを持っている傾向があるため、単一のソリューションがすべての人に役立つとは限りません。ほとんどの問題解決セッションと同様に、フルスクリーンのバグを修正するための複数の方法について説明します。デスクトップに最小化するゲームフルスクリーンゲームがWindows10のデスクトップにランダムに最小化されている場合は、これら5つの提案のいずれかがこれを止めて問題を解決するのに役立つかどうかを確認してください。今後のオプションの少なくとも1つが機能すると確信しているので、心配する必要はありません。ただし、開始する前に、Windows10とゲーム自体を最新バージョンに更新したことを確認してください。1]マルウェアスキャンを実行します多くのコンピューターの問題は、隠れたウイルスやマルウェアによって引き起こされていると言っても過言ではありません。そのため、ここでも同じことが起こる可能性があります。ここで、Windows Defenderを使用してスキャンを実行するには、[スタート]アイコンをクリックし、[設定]に

Austin AmazonKFAUWIデバイスがネットワークデバイスの下にランダムに表示されました

一部のユーザーは、Windows 10 Updatesのインストール後に、オースティン-AmazonKFAUWIなどの不明なデバイスがネットワークに表示されることに気づきました。右クリックしてそのプロパティを確認すると、MACアドレスと製造元に関連するいくつかの詳細のみが表示され、IPアドレスは表示されません。このAmazonKFAUWIは、ネットワーク上でAUSTINという名前が付けられていることもわかりました。ご存知のように、オースティンはKindle、Fireなどのデバイスのマザーボードです。これらはすべてAmazon製品です。一方、KFAUWIは、開発者向けのデバイス検出などの多くの機能を実行するために使用されるLINUXベースのシステムです。このデバイスは、Amazon Fire 72017タブレットとして識別されてい ます。ネットワークデバイスの下に表示されるAustinAmazonKFAUWIデバイスを削除しますでは、ルーターにAmazon製品が関連付けられていないのに、ルーターのドライバーの横と「ネットワークデバイス」の下にAMAZON KFAUWIが表示されるのはなぜですか?ここでの安全な方法は、「Windows Connect Nowサービス」を無効にし、Wi-Fiルーターをリセットして削除することです。Cortana検索ボックスに「Services.msc」と入力

0x000000EF、Windows10のCRITICALPROCESSDIEDエラー

重要なWindowsシステムプロセスが正しく実行されない場合、オペレーティングシステムがクラッシュし、Windows10 / 8/7コンピューターに重要なプロセスが停止したエラー0x000000EFまたはブルースクリーンが表示されます。これは、Windowsオペレーティングシステムの実行に必要なプロセスが何らかの理由で突然終了したために発生します。これに関するドキュメントは、Microsoftのどのサイトにもあまりありません。ただし、投稿には次のように記載されています。CRITICAL_PROCESS_DIEDバグチェックの値は0x000000EFです。これは、重要なシステムプロセスが停止したことを示しています。重要なプロセスが終了しましたCRITICAL_PROCESS_DIEDエラーメッセージが表示された場合は、次のことを試してみてください。ハードウェアとデバイスのトラブルシューティングを実行するDriver VerifierManagerを実行するシステムファイルチェッカーを実行するDISMを実行するドライバーを更新するクリーンブートのトラブルシューティングを実行するシステムの復元を使用するスリープと休止状態を無効にするBIOSまたはファームウェアを更新しますスタートアップ修復を実行するイベントビューアでシステムログインを確認するWindows10ブルースクリーントラブルシューテ

コンピュータにVCRUNTIME140.DLLがないため、プログラムを開始できません

Windowsコンピューターでアプリを開くときに、エラーが発生した場合–コンピューターにVCRUNTIME140.DLLがないため、プログラムを起動できません。この問題のトラブルシューティングと修正を行うために従う必要のある事項をいくつか示します。これは、実行しようとしているプログラムで、VCRUNTIME140.DLLファイルがコンピューターシステムに存在している必要がある場合に発生します。VCRUNTIME140.DLLは、OSサイズが約86KBのMicrosoftCランタイムライブラリアプリケーション拡張であり、System32フォルダーにあり、Microsoft VisualStudioによってインストールされます。DLLファイルが見つからないか破損している場合は、画面にそのようなエラーメッセージが表示されます。VCRUNTIME140.DLLがありませんDLLはダイナミックリンクライ

Windows10でndis.sysが失敗したBSODエラーを修正

ネットワークドライバーインターフェイス仕様(NDIS)は、コンピューターネットワーク内のシステムドライバーの適切な機能を支援するネットワークインターフェイスカードのプログラミングインターフェイスです。NDISは、コンピュータシステムがコンピュータネットワーク上の他の接続されたデバイスやハードウェアコンポーネントと通信するのに役立ちます。関連して、ndis.sysは、Windowsオペレーティングシステム用にMicrosoftによって開発された重要なシステムファイルです。システムファイルまたはsysファイルは、Windowsシステムの重要な部分であり、接続されたハードウェアおよびデバイスと通信するためにWindowsシステムによって使用されるシステムドライバー設定のリポジトリです。ndis.sysファイルは主にドライバーフォルダーC:\ Windows \ System32 \ driversに保存されており、オペレーティングシステムが正常に機能するために必要です。 ndis.sysシステムファイルの存在がオペレーティングシステムの通常の機能に影響を与えることはわかっていませんが、一部のWindowsユーザー

Windows10でコマンドプロンプトを使用してUSBペンドライブをフォーマットする方法

エンドユーザーにとって、USBドライブのフォーマットは簡単です。ドライブを右クリックして、[フォーマット]を選択するだけです。ただし、コマンドプロンプトを使用してUSBペンドライブをフォーマットする場合は、Windows10 / 8/7でフォーマットする方法を次に示します。CMDを使用してUSBペンドライブをフォーマットするコマンドプロンプトを使用する場合、2つの方法があります。1つは単純なフォーマットコマンドを使用し、もう1つはDiskpartを使用しています。両方のプロセスを示します。フォーマットコマンドの使用使い方のDiskPartツールを。Diskpartツールを使用する場合は、管理者権限が必要です。CMDの代わりにPowerShellを使用することもできます。1]フォーマットコマンドの使用フォーマットするUSB​​ドライブを接続し、ファイルエクスプローラーを開きます。USBドライブの正確なドライブ名を特定します。ここで間違いをしないように注意してください。間違ったドライブ文字を使用すると、別のパーティションをフォーマットしてしまい、すべてのデータが失われます。コピープロセスが進行中でないこと、およびドライブがエクスプローラーで開いていないことを確認してください。実行プロンプトにCMDと入力し、Enterキーを押してコマンドプロンプトを開きます。FORMAT:と入力し、Ente

Windows 10PCにBluetoothが組み込まれているかどうかを確認する方法

Bluetoothは、PCを外部の周辺機器やデバイスに接続するためのワイヤレステクノロジプロトコルです。これは非常に便利な場合があり、多くのPCにはBluetoothサポートが組み込まれています。これは基本的に、ケーブルなしでデスクトップまたはラップトップをBluetooth対応デバイスに接続できるようにするプロトコルです。ユーザーは、デバイスにBluetoothが搭載されていることに気付かない場合があります。Windows 10PCにBluetoothが組み込まれているかどうかを確認しますこの記事では、PCにBluetoothサポートが組み込まれているかどうかを確認する方法を紹介します。それを行うには3つの方法があります。デバイスマネージャを確認してくださいコントロールパネルを確認してください設定アプリを確認してください1]デバイスマネージャを確認しますBluetoothサポートを確認する最も簡単な方法は、デバイスマネージャーを使用することです。PCにBluetoothが搭載されているかどうかを確認するには、次の手順を実行します。押してWindowsキー+ Xまたは右クリックして[開始]を勝利+ Xメニューを開き、。そのメニューで[デバイスマネージャ]を選択してウィンドウを開きます。ウィンドウで、Bluetooth無線カテゴリを探します。これは、ウィンドウの上部に近い場所にリストされ

Windows10でCortana検索ボックスが白くなりました

黒のテーマは、Windows 10ユーザーのお気に入りのテーマの1つであり、白の何かを見ると煩わしくなります。通常は暗いタスクバーの場合を考えてみましょう。ただし、Cortana検索バーを見ると、白になっていることがわかります。この投稿では、Cortana検索バーを黒に設定するためのヒントをいくつか紹介します。Cortana検索バーが白くなったこれらの修正により、すべての白い検索ボックスが黒に変更され、修正の1つに管理者権限が必要になることに注意してください。1]デフォルトのアプリモードを変更するWindows 10には、ダークとライトの2つのモードがあります。ダークモードに切り替えると、ボックスも黒になりますが、テーマによってすべてが暗すぎるモードに完全に変更されます。ライトモードはどこにもありません。スタートボタンをクリックしてから、歯車のアイコンをクリックします。これにより、Windows10の設定が起動します。[設定]メニューから[個人設定]を開き、左側のペインから[色]を選択します。[デフォルトのアプリモードを選択してください]オプションが見つかるまで、一番下までスクロールします。オプション「ダーク」を選択します。これにより、Cortana検索バーが即座に黒に変わります。これとは別に、UIがどこでもダークモードに変わるのがわかります。2020年4月27日更新– Windows

コンピュータにMSVCP140.dllがないため、プログラムを起動できません

エラーが発生した場合WAMPサーバー、Skype、または一部のゲームなどのプログラムを開こうとしたときにMSVCP140.dllがコンピューターにないため、プログラムを起動できません。この記事が役立つ場合があります。これは、実行しようとしているプログラムでMSVCP140.dllファイルがコンピュータシステムに存在する必要がある場合に発生します。MSVCP140.dllは、System32フォルダーにある約626KBのサイズのMicrosoftCランタイムライブラリファイルであり、Microsoft VisualStudioによってインストールされます。DLLファイルが見つからないか破損している場合は、画面にそのようなエラーメッセージが表示されます。これらの提案は、MSVCP100.dll、M

Windows10用のWiFiドライバーをインストールする方法

必要なドライバーがインストールされていないと、PCに接続しようとするハードウェアに障害が発生します。製造元は、マシンで実行されているOSがデバイスやアプリケーションと調和して動作できるようにドライバーを開発しています。適切なドライバーがインストールされていないと、インターネットWiFi接続が失敗する可能性があります。この投稿では、Windows10にWiFiドライバーをインストールする方法を説明します。Windows10用のWiFiドライバーをインストールしますドライバーは基本的に、Windows 10、Linuxなどの特定のオペレーティングシステム用に設計されたソフトウェアです。OSはこれを使用して、マウスやプリンターなどの他のハードウェアデバイスと通信します。ほとんどのハードウェアメーカーは、ダウンロード可能な必要なドライバーを見つけることができる独自の製品サポートページを備えています。Windows OSには既にドライバーのセットがインストールされており、デバイスを接続する以外に何もする必要はありません。ドライバがローカルで利用できない場合は、デバイスを接続すると、ドライバがWebサーバーからプルダウンされ、自動的にインストールされます。ただし、WiFiの使用で問題が発生する場合があり、そのような場合はWiFiドライバーを再インストールする必要があります。WiFiドライバーをダウ

コンテキストメニューエディターを使用したWindows10でのコンテキストメニュー項目の追加、削除、編集

右クリックメニューまたはコンテキストメニューには、デスクトップやWindowsでファイルやフォルダを右クリックしたときに表示されるメニューです。このメニューは、アイテムで実行できるアクションを提供することにより、追加機能を提供します。ほとんどのプログラムは、このメニューにコマンドを詰め込むのが好きです。それらは便利ですが、問題は、プログラムをアンインストールしても、それぞれのコンテキストメニュー項目を削除できず、メニューが遅くなり、雑然と見えることです。コンテキストメニューエディターは、Windows10 / 8/7で右クリックのコンテキストメニュー項目を管理するのに役立ちます。Windows10でコンテキストメニューを編集するこの混乱を減らしたい場合、またはこのメニューから不要になった項目を削除したい場合は、そうすることができます。ほとんどのプログラムは、設定でエクスプローラーの統合を提供します。見回すと、エクスプローラーの統合を見つけて、ファイルエクスプローラーのコンテキストメニューの統合を無効にできる場合があります。そうでない場合は、レジストリを編集するか、サードパーティのフリーウェアを使用する必要があります。レジストリエディタの使用regeditを実行してレジストリエディタを開き、次のキーに移動します。HKEY_CLASSES_ROOT \ * \ shellex \ Cont

コンテナ内のオブジェクトの列挙に失敗しました。アクセスが拒否されました

通常、Windowsでは、アクセス許可はコンテンツをプライベートまたはパブリックに保つのに役立ちます。したがって、要件に応じて他のユーザーが呼び出すかどうかに関係なく、ファイルやフォルダーにそのようなアクセス許可を割り当てるのは非常に簡単です。フォルダ/ファイルのアクセス許可は、フォルダ/ファイルを右クリックして[プロパティ]を選択することで変更できます。ここから[セキュリティ]タブに切り替えることで、権限を構成できます。ただし、権限の衝突や設定の誤りが原因で、権限を変更できず、エラーが発生する場合があります。このようなシナリオでは、次のエラーが最も一般的です。コンテナ内のオブジェクトの列挙に失敗しました。アクセスが拒否されました権限を変更するコンテンツの所有者でない場合、このエラーが発生する可能性が高くなります。したがって、このような場合、エラーを回避するために実行する必要がある正確な手順は次のとおりです。1.まず、アクセス許可を変更する必要のあるフォルダー/ファイルを右クリックします。[プロパティ]を選択します。2.次に、でプロパティウィンドウに切り替えるセキュリティとヒット高度なオプションがあります。3.次に進むと、以下に示す画面で、シーケンスに従うために番号ごとにクリックする必要があります。つまり、最初に[セキュリティの詳細設定]ウィンドウで[所有者のリンクを変更]をクリックし

Windows 10Searchが機能しない

かなりの数のWindows10ユーザーが問題に直面しており、多くの場合、組み込み関数の一部も期待どおりに機能していません。Windows 10オペレーティングシステムのスタートメニューとタスクバー検索機能は、デスクトップを離れることなく任意のファイルを検索できる最も便利な機能の1つです。ただし、検索機能が壊れたり、Windows10で意図したとおりに機能しなかったりする可能性があります。Windows 10Searchが機能しないスタートメニュー、Cortana、検索の問題を修正する方法をいくつか紹介します。Cortanaは最近のWindows10バージョンで検索から分離されているため、最初にこの投稿全体に目を通し、次にこれらの提案の1つ以上がWindows10バージョンに適用される可能性があることを確認してください。1] Windows10のスタートメニューのトラブルシューティングを実行するマイクロソフトは、問題の修正を約束するWindows10スタートメニュートラブルシューターをリリースしました。まずはお試しください。2]検索プロセスを再開しますCtrl + Alt + Delを押して、タスクマネージャーを選択します。[タスクマネージャー]ウィンドウで、[詳細]タブを選択します。[名前]列で、SearchUI.exeを右クリックし、[タスクの終了]を選択します。SearchUI.e

GoogleChromeのERR_SSL_VERSION_INTERFERENCEエラーを修正しました

エラーERR_SSL_VERSION_INTERFERENCEは、Google Chrome WebブラウザがSSLプロトコルを使用してWebサイトを読み込もうとしたが、読み込めない場合に発生します。このエラーには多くの原因が考えられます。この問題のすべての潜在的な修正をリストし、詳しく説明します。このエラーをトラブルシューティングするための修正はそれほど単純ではありません。したがって、修正を実行しているときに何をしているのかわからない場合は、それをスキップして、理解できる潜在的な修正に進むことをお勧めします。 ERR_SSL_VERSION_INTERFERENCE ユーザーがこのエラーを受け取った場合、ブラウザーに直接的な障害はないことに注意してください。コンピューター上でローカルにWebサイトデータをキャッシュすることに問題があります。このエラーは、Webサイトが誤った方法でコーディングされている場合、またはWebサイトの適切な機能と競合するブラウザー拡張機能がある場合にも発生する可能性があります。次の修正をチェックします-ブラウザデータをクリアします。TLS1.3を無効にします。DNSキャッシュをフラッシュする競合するブラウザ拡張機能を削除します。1]ブラウザデータをクリアする一部のブラウザデータがウェブサイトの読み込みと競合している可能性が高いです。これは非常に基本的な修正か

デスクトップアイコンは、Windows10で再起動後に再配置および移動します

いくつかのWindowsユーザーは、ある時点で、再起動後にデスクトップアイコンが再配置または移動するという問題を経験しています。Windows 10 PCで再起動した後、デスクトップアイコンがジャンプ、バウンス、移動、または再配置され続ける場合は、問題を解決するために試すことができるいくつかのことがあります。デスクトップアイコンが再配置または移動し続けるリストに目を通し、これらの提案を試してみたい順序を決定してください。1]自動配置アイコンがオフになっていることを確認しますデスクトップを右クリックして、[表示]を選択します。自動配置アイコンがオフになっていることを確認してください。また、アイコンをグリッドに揃えるのチェックを外します。2]アイコンキャッシュを削除するファイルエクスプローラーを開き、次のフォルダーに移動します。ACKをユーザー名に置き換えることを忘れないでください。C:\ Users \ ACK \ AppData \ Localアドレスバーにアドレスをコピーして貼り付け、Enterキーを押します。ローカルフォルダに、「非表示」のIconCache.dbファイルが表示されます。消して。これは、Windows8 / 7ユーザーに適用されます。次に、デスクトップにアイコンを配置し、コンピューターを再起動して、それが役に立ったかどうかを確認します。手順はWindows10とは異

Windows10 / 8/7でnetio.sysブルースクリーンエラーを修正する方法

ネットワークは、コンピューターの最も重要なコンポーネントの1つです。ネットワークデバイスの助けを借りて、あらゆる種類のデバイス間で情報を交換できるようになりました。 netio.sysファイルは、コンピュータのネットワークドライバに関連付けられている重要なシステムファイルです。サードパーティのプログラムでも、ネットワーク上のデバイスと対話するために使用されます。今日は、netio.sysが原因で発生したBluesScreenエラーを修正する方法を確認します。このnetio.sysファイルに関連する次のBSODエラーが発生する可能性があります。KMODEの例外は処理されません。ページが表示されていない領域でのページフォールト。IRQLは同等ではありません。SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION。ドライバーIRQLは少なくも等しくもありません。システムスレッドの例外は処理されません。netio.sysブルースクリーンエラーを修正次の潜在的な修正は、Windows10のnetio.sysに関連するBSODエラーを修正するために実行されます。システムファイルチェッカーの使用。メモリにエラーがないか確認してください。ドライバーを更新、ロールバック、または無効にします。

Windows 10のディスク容量を節約するために、Windowsでファイル、フォルダー、ドライブを圧縮する

ディスクスペースを節約するために、Windows 10/8/7オペレーティングシステムでは、ファイルとフォルダーを圧縮できます。Windowsのファイル圧縮機能を使用してファイルを圧縮すると、データはアルゴリズムを使用して圧縮され、占有するスペースが少なくなるように書き直されます。そのファイルに再度アクセスする場合は、アクセスする前に、まずデータを再度解凍する必要があります。したがって、圧縮ファイルの読み取りにはより多くの時間が必要であり、処理能力も消費します。Windows 7では、[古いファイルを圧縮する]オプションがディスククリーンアップユーティリティから削除されました。これはおそらくそれ以来行われた。現在、大容量ハードディスクは簡単かつ安価に入手できるようになっています。さらに、ファイルの圧縮には多くの時間がかかるため、ディスクのクリーンアッププロセスが遅れました。 Windowsには、圧縮しているファイルと、特定の期間アクセスされなかったすべてのファイルを知る方法がありませんでした。これは何度もパフォーマンスに影響を与える可能性があるため、良くありませんでした。そのため、このオプションはディスククリーンアップユーティリティから削除されました。大きくて安価なハードディスクの最近では、私たちの多くはこの機能を使用することを選択しないかもしれません。代わりに、ディスクスペースを解放

ブラウザサンドボックスはどのようにコンピュータを保護できますか?

ほとんどの主流のブラウザには、コンピュータをより安全に保つための独自のサンドボックスが付属しています。この投稿では、ブラウザサンドボックスとは何か、その使用方法、またはGoogle Chrome、Microsoft Edge、MozillaFirefoxで完全に無効にする方法について説明します。 ブラウザサンドボックスとは何ですか? サンドボックスを使用すると、庭のいたるところに砂が散乱することなく、子供が砂で遊ぶことができます。これは、砂が高い壁の箱に囲まれているためです。コンピュータのサンドボックスでも同じことが起こります。コンピューター全体を損なうことなく新しいアプリなどをテストしたい場合は、Windows 10サンドボックス機能を使用するか、サードパーティのツールを使用してサンドボックスを構築できます。その後、アプリをサンドボックスにインストールして、コンピューターの破損を心配することなくチェックできます。ブラウザ(ほとんどのブラウザ)には、コンピュータの保護を強化するためのサンドボックスがすでにあります。ブラウザサンドボックスの考え方は、ブラウジングの副作用からコンピュータを保護することです。最高のWebサイトでさえ、知らないうちに悪意のあるコードをホストしている可能性があります。したがって、Webサイトが悪意のあるコードをダウンロードすると、そのコードはコンピューターのサン

Windows10でChkDskをキャンセルする方法

この投稿では、Windowsでスケジュールされた後、起動時または再起動時にWindows108でChkDskをキャンセルする方法を説明します。Windows 10/8でのディスクエラーチェックは、以前のバージョンのWindowsとは少し異なります。Windows 10では、Microsoftはchkdskユーティリティを再設計しました。これは、ディスクの破損を検出して修正するためのツールです。マイクロソフトは、ReFSと呼ばれるファイルシステムを導入しました。これは、破損を修復するためにオフラインのchkdskを必要としません。これは、復元力のモデルが異なるため、従来のchkdskユーティリティを実行する必要がないためです。自動メンテナンス中に、ディスクのファイルシステムエラー、不良セクタ、クラスターの喪失などが定期的にチェックされるため、ディスクを再実行して実行する必要がなくなりました。ただし、コマンドラインバージョンのChkDskを実行したい場合があります。この場合、CMDを起動し、次のコマンドを入力して不良セクタを特定し、情報の回復を試みて検出されたエラーを修正し、起動時にChkDskを実行するようにスケジュールします。 chkdsk / f / rc: Windows10でChkDskをキャンセルするWindowsの起動中に、数秒の時間が与えられます。その間、任意のキーを押して