修正Windows10でDHCPサーバーに接続できないというエラー

IPアドレスを更新しようとしているときに、WindowsコンピューターでDHCPサーバーに接続できませんというエラーメッセージが表示された場合は、この投稿が役立つ可能性があります。期限切れのIPアドレスは、インターネット接続を中断する可能性があります。したがって、このような状況では、IPアドレスを解放して更新することをお勧めします。

IPを解放する

これを行う方法は、管理者特権のコマンドプロンプトウィンドウを開き、次のコマンドを入力して、それぞれの後にEnterキーを押すことです。

ipconfig / release ipconfig / renew

これが機能せず、IPアドレスを解放または更新しようとすると、次のエラーが表示される場合があります。

DHCPサーバーに接続できません

このエラーは、NICがDHCPサーバーと通信できないため、新しいIPアドレスを解放できないことを意味します。この問題の原因は多数ある可能性があり、解決策を1つずつ説明します。

  1. ネットワークドライバーを更新する
  2. ネットワークアダプタのトラブルシューティングを実行する
  3. DHCPクライアントサービスを開始/再起動します。

1]ネットワークドライバーを更新します

ネットワークドライバーを更新する

この問題の背後にある主な原因の1つは、廃止されたネットワークドライバーです。したがって、何よりも先にネットワークドライバを更新できます。

Win + Rを押して[実行]ウィンドウを開き、コマンドdevmgmt.mscを入力します。Enterキーを押して、デバイスマネージャを開きます。

デバイスマネージャで、ネットワークアダプタのリストを展開します。Broadcomネットワークアダプタオプションを右クリックし、[ドライバの更新]を選択します

ドライバが更新されたら、システムを再起動します。

2]ネットワークアダプタのトラブルシューティングを実行します

ネットワークアダプタのトラブルシューティング

ネットワークアダプタのトラブルシューティングは、ネットワークアダプタの問題をチェックし、可能であればそれらを解決します。ネットワークアダプタのトラブルシューティングを実行する手順は次のとおりです。

[スタート]ボタンをクリックしてから歯車のような記号をクリックして、[設定]メニューを開きます。

[更新とセキュリティ]> [トラブルシューティング]に移動しますネットワークアダプタのトラブルシューティングツールを選択して実行します。

完了したら、システムを再起動します。

3]アクティブな接続でIPv6を無効にします

時々、IPv6がアクティブな接続に対して有効になっていて、それが問題を引き起こす場合。したがって、次のようにIPv6を無効にすることができます。

Win + Rを押して[ファイル名を指定して実行]ウィンドウを開き、コマンドncpa.cplを入力します。Enterキーを押して、[ネットワーク接続]ウィンドウを開きます。アクティブなインターネット接続を右クリックして、[プロパティ]を選択しますネットワークプロパティ

ウィンドウのリストで、インターネットプロトコルバージョン6に対応するチェックボックスをオフにします。DHCPサーバーに接続できません

[ OK]をクリックして設定を保存し、システムを再起動します。

4] DHCPクライアントサービスを開始/再起動します

DHCPクライアントサービスを再起動します

DHCPクライアントサービスが停止または非アクティブの場合は、サービスマネージャーから開始/再起動できます。

Win + Rを押して[実行]ウィンドウを開き、コマンドservices.mscを入力します。Enterキーを押して、ServicesManagerウィンドウを開きます。

サービスのリスト(アルファベット順に並べられています)で、サービスDHCPクライアントを右クリックし、[開始/再起動]を選択します。

システムを再起動し、問題が解決するかどうかを確認します。