ユーザーアカウントが承認されていないため、接続が拒否されました

リモート接続を確立しようとしているが、エラーメッセージが表示される場合–ユーザーアカウントがリモートログインを許可されていないため、接続が拒否されました。これは、ターゲットホストがそのシステムへのリモートアクセスを許可していない場合に発生することがわかります。 。正しい許可を得た後でもこの問題に直面している場合は、これらのガイドに従ってこの問題を修正してください。

ユーザーアカウントにリモートログインが許可されていないため、接続が拒否されました

この問題に直面した場合は、問題を解決するために次のタスクを実行する必要があります。

  1. リモートデスクトップユーザーグループを確認する
  2. セキュリティグループにユーザーを追加する
  3. リモートデスクトップサービスを確認してください。

1]リモートデスクトップユーザーグループを確認する

リモートデスクトップユーザーグループに、リモート接続の構築に使用しているユーザーアカウントに対する権限がない場合、この問題が発生する可能性があります。したがって、次の手順に従って、ユーザーアカウントがリモートデスクトップユーザーグループのメンバーであることを確認してください。

コマンドプロンプトを開き、このコマンドを実行します-

lusrmgr.msc

または、タスクバーの検索ボックスで同じものを検索することもできます。それを開いた後、[ユーザー]を選択し、ユーザー名をダブルクリックして[プロパティ]を開きます。次に、[一般]タブから[メンバー]タブに切り替える必要があります。

ユーザーアカウントにリモートログインが許可されていないため、接続が拒否されました

管理者の下にリモートデスクトップユーザーグループが見つからない場合は、追加する必要があります。そのためには、画面の[追加]ボタンクリックします。次のウィンドウを開いたら、[詳細設定]ボタンと[今すぐ検索]ボタンをそれぞれクリックします。

[検索結果]ボックスにリストが表示されます。リストから、[リモートデスクトップユーザー]をダブルクリックします

ユーザーアカウントにリモートログインが許可されていないため、接続が拒否されました

その後、[ OK ]ボタンをクリックして設定を保存します。次に、リモートホストに接続できるかどうかを確認します。

2]セキュリティグループにユーザーを追加します

ユーザーがリモートデスクトップサービスを介してログオンすることを許可またはブロックできます。正しく設定されていない場合、この機能を使用することはできません。

この設定を確認するには、[ローカルセキュリティポリシー]パネルを開く必要があります。[検索の開始]ボックスにこのコマンドを入力し、Enterキーを押します-

secpol.msc

次に、[ローカルポリシー]> [ユーザー権利の割り当て]に移動します。右側に、[リモートデスクトップサービスを介したログオンを許可する]という名前のポリシーがあります。このポリシーをダブルクリックして、プロパティを開きます。

管理者の下にリモートデスクトップユーザーが見つからない場合は、追加する必要があります。そのためには、[ユーザーまたはグループ追加]ボタンをクリックし、空のボックスに「リモートデスクトップユーザー」と入力して、[ OK]ボタンをクリックします。

変更を保存した後、コンピューターを再起動して、ホストへの接続を試みます。

3]リモートデスクトップユーザーグループを確認する

実行する必要があり、正しく設定する必要があるサービスがあります。サービスが稼働していることを確認する必要があります。そのためには、サービスパネルを開きます。タスクバーの検索ボックスで「サービス」を検索し、サービスマネージャーを開くことができます。その後、リモートデスクトップサービスと呼ばれるサービスを見つけてダブルクリックし、プロパティを開きます。

次に、[ログオン]タブに移動し、[このアカウント]オプションを選択して、[参照]ボタンをクリックします。

次の画面で、[詳細設定]ボタンを見つけることができます。それをクリックし、[今すぐ検索]ボタンを使用して検索する必要があります。あなたは、表示されますNETWORK SERVICEを

それをダブルクリックして設定を保存します。

コンピュータを再起動し、リモートホストに接続できるかどうかを確認します。問題の解決に役立つことを願っています。

関連記事:Windows10でリモートデスクトップ接続を有効または無効にする方法。