コンピューターがWindows10を自動的にロックしないようにする

Windows PCが自動的にロックされることが多すぎませんか?その場合は、コンピューターの設定によってロック画面が表示され、Windows10を短時間非アクティブのままにしてもロックアウトされている可能性があります。

コンピューターがWindows10を自動的にロックしないようにする

PCが自動的にロックされる場合は、Windows 10の次の提案に従って、ロック画面が自動的に表示されないようにする必要があります。

  1. ロック画面のタイムアウト設定を無効または変更する
  2. 動的ロックを無効にする
  3. 空白のスクリーンセーバーを無効にする
  4. システムの無人スリープタイムアウトを変更する

これらのヒントは単純すぎるように聞こえるかもしれませんが、私を信じてください。これらの小さな設定、特にデフォルト値によって、さらに問題が発生することがあります。

1]ロック画面のタイムアウト設定を無効または変更する

ロック画面を無効にする必要があります。Ultimate Windows Tweakerを使用すると、クリックするだけで実行できます。[ロック画面無効にする]設定は、[カスタマイズ]> [最新のUI]> [ロック画面]にあります。

無効にしたくない場合は、スリープタイムアウト設定、画面タイムアウト設定、スクリーンセーバーなどを確認してください。これらはあなたがチェックすべき基本的な設定です。

2]ダイナミックロックを無効にする

Windows10動的ロック

PINまたはパスワードを使用する以外に、動的ロックを使用することもできます。デバイスのロックを忘れ続ける人に便利です。ダイナミックロックはBluetoothデバイスを使用します。Bluetoothデバイスが範囲外になるたびに、コンピューターはロックされます。そのため、デバイスが近くにあることを確認するか、「自動的に離れているときにWindowsがデバイスをロックできるようにする」というオプションのチェックを外してください

3]空白のスクリーンセーバーを無効にする

コンピューターがWindows10を自動的にロックしないようにする

スクリーンセーバーを使用する場合は、空白に設定されていないことを確認してください。問題は、スクリーンセーバーが実行されていることを決して知らないということです。

  • 検索バーに「スクリーンセーバー」と入力します
  • スクリーンセーバーの変更をクリックします
  • ドロップダウンで、空白に設定されているかどうかを確認します。
  • はいの場合は、「なし」に変更します。

[適用]を押して終了します。

4]システムの無人スリープタイムアウトを変更する

システムの無人スリープタイムアウトを変更する

[電源設定]で使用できるシステムの無人スリープタイムアウト設定は、システムが低電力スリープ状態に戻る前のアイドルタイムアウトです。デフォルトの時間は、両方で2分に設定されています。つまり、バッテリーで実行して接続されている場合です。PCがスリープモードに入るのが早すぎないように、値を大きくしてください。

設定が電源設定に表示されない場合は、PowerShellとレジストリを使用して手動で追加できます

PowerShellメソッド

Win + Xを使用して、PowerShell(admin)を選択します

次のように入力してEnterキーを押します。

powercfg -attributes SUB_SLEEP 7bc4a2f9-d8fc-4469-b07b-33eb785aaca0 -ATTRIB_HIDE

終了して確認します。

レジストリ方式

レジストリエディタを開き、次の場所に移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Control \ Power \ PowerSettings \ 238C9FA8-0AAD-41ED-83F4-97BE242C8F20 \ 7bc4a2f9-d8fc-4469-b07b-33eb785aaca0

「属性」キーの値を1から2に変更します。これにより、電源オプションでシステムの無人スリープタイムアウトが有効になります

これで、この設定を変更できます。

これらのヒントが、Windows 10PCが自動的にロックされ続ける問題を解決するのに十分役立つことを願っています。

Original text


PCは自動的にロックされますWindows